食べ物でこころを元気にしましょう!

ストレスの多い毎日ですね。
このストレスに皆さんはどのように対応していらっしゃいますか?

今回は、個人で行えるストレス対処法として「食事」の観点から考えてみることにしました。
食事は、私たちの身体を作り、動かし、健康な生活を送るために最も重要なものの一つです。しかし、食事は身体だけにとって重要なだけではありません。実は、食事は「こころ」にとっても大変に重要なものです。

身体だけでなく「こころ」にもよい食べものとは一体どのような食べ物でしょうか?例えば野菜や果物、魚介、穀物の多い食事は、生活習慣病の予防だけではなく、ストレスを改善させ、うつ病などを予防、改善させる効果があると言われています。栄養素としては、ビタミンB群、ビタミンD、アミノ酸、脂肪酸、ミネラルなどが良いとされています。

では、具体的な食材で「こころ」に良い食べ物とはどのようなものか?スーパーなどで簡単に手に入る食品で考えてみましょう。また、食べ方についてもポイントがあります。

スーパーなどで手に入りやすい「こころ」に良い食品とは

ビタミンB群 納豆、卵、豚肉、ナッツ、レバー、バナナ、鶏肉、緑黄色野菜等
ビタミンD キノコ類、魚介類等
アミノ酸 牛乳、乳製品、肉、魚、ナッツ、バナナ
脂肪酸 サバやイワシなどの青背の魚等
ミネラル レバー、魚介類、わかめ、納豆、大豆等

食べ方のポイント

    • 毎食きちんと食べよう。
    • 野菜と魚はたっぷり食べよう。
    • 食べ過ぎない。
    • バランスの良い食事をとること。

※ストレスフルな毎日を少しでも和らげる方法として
「食事」を考えてはいかがでしょうか。

平成医療短期大学 看護学科 眞田正世

平成医療の健康Tips