建学の精神・教育目的・学習成果

建学の精神

「誠意と親切と広い心」を理念に、医療の基本的精神である科学と人間愛に基づき、医療の知識と技術向上に努め、地域医療福祉等に貢献できる人材を養成する。

教育目的

1. 全学の目的

教育基本法の精神に則り、学校教育法に基づき、「誠意と親切と広い心」を理念に、豊かな一般教養の上に実践的な学問及び技術を深く教授し、地域社会等に貢献し得る優秀な人材を養成する。

2.看護学科

深い人間愛をもち、高い倫理観の上に、高度化・多様化する保健・医療・福祉に相応し得る次の知識・技術及び実践力をもつ看護師を養成する。
  1. 科学的根拠に裏づけされた看護領域の専門知識、技術及び実践力を有する看護師
  2. 高度化、多様化する医療環境の変化等に主体的に対応できる実践力を有する看護師
  3. 生命の尊重と人間に対する全人的な深い理解に基づく対象者への看護の実践及び多種職と連携・協働しながら看護を提供できる良好な人間関係を築く能力と態度を有する看護師
  4. 生涯にわたり、主体的かつ能動的に学習する意志をもつ看護師

3.リハビリテーション学科理学療法専攻

深い人間愛をもち、高い倫理観の上に、高度化・多様化する保健・医療・福祉に相応し得る次の知識・技術及び実践力をもつ理学療法士を養成する。
  1. 医学の基礎知識、理学療法領域の専門知識、技術及び実践力を有する理学療法士
  2. 対象者や保健・医療・福祉領域に関わる従事者との信頼関係を醸成できるコミュニケーション能力と態度を有する理学療法士
  3. 生涯にわたり、主体的かつ能動的に学習する意志を有する理学療法士

4.リハビリテーション学科作業療法専攻

深い人間愛をもち、高い倫理観の上に、高度化・多様化する保健・医療・福祉に相応し得る次の知識・技術及び実践力をもつ作業療法士を養成する。
  1. 医学の基礎知識、作業療法領域の専門知識、技術及び実践力を有する作業療法士
  2. 対象者や保健・医療・福祉領域に関わる従事者との信頼関係を醸成できるコミュニケーション能力と態度を有する作業療法士
  3. 生涯にわたり、主体的かつ能動的に学習する意志を有する作業療法士

5.リハビリテーション学科視機能療法専攻

深い人間愛をもち、高い倫理観の上に、高度化・多様化する保健・医療・福祉に相応し得る次の知識・技術及び実践力をもつ視能訓練士を養成する。
  1. 科学的根拠に裏づけされた視機能療法領域の専門知識・技術及び実践力を有する視能訓練士
  2. 対象者や医療・保健・福祉領域に関わる従事者との信頼関係を築くために必要なコミュニケーション能力と態度を有する視能訓練士
  3. 生涯にわたり、主体的かつ能動的に学習する意志を有する視能訓練士

学習成果

1. 全学

教養・倫理・責任感及びコミュニケーション能力の修得

2.看護学科

  1. 看護職に求められる教養・倫理観・責任感・コミュニケーション能力及び主体的に研鑽する態度の修得
  2. 看護の専門基礎知識の修得
  3. 看護の専門知識・技術の修得
  4. 看護の対象者を全人的にとらえ、科学的判断・倫理的判断を基に対象者に応じた看護を行う実践力の修得
  5. 看護学に関わる課題を解決するための科学的思考力と問題解決能力を身につけ、向上心と探求心を持ち、知識・技術の修得や学術研究活動を推進することができる能力の修得

3.リハビリテーション学科理学療法専攻

  1. 豊かな教養と人間愛に基づき、対象者と信頼関係を構築できるコミュニケーション能力の修得
  2. 医学の基礎的知識、理学療法領域の専門知識・技術及び実践力の修得
  3. 地域の保健・医療システムにおいて理学療法士の役割をはたす能力の修得
  4. 対象者にとって最良かつ安全な理学療法を実践できる能力の修得
  5. 課題解決のための論理的な思考力と柔軟な発想力及び向上心と探求心を持ち、知識・技術の修得や学術研究活動を推進することができる能力の修得

4.リハビリテーション学科作業療法専攻

  1. 豊かな教養と人間愛に基づき、対象者と信頼関係を構築できるコミュニケーション能力の修得
  2. 医学の基礎的知識、作業療法領域の専門知識・技術及び実践力の修得
  3. 地域の保健・医療システムにおいて作業療法士の役割をはたす能力の修得
  4. 対象者にとって最良かつ安全な作業療法を実践できる能力の修得
  5. 課題解決のための論理的な思考力と柔軟な発想力及び向上心と探求心を持ち、知識・技術の修得や学術研究活動を推進することができる能力の修得

5.リハビリテーション学科視機能療法専攻

  1. 視能訓練士として全人的医療を実践し、社会に貢献するために必要な人間性と教養、責任感と倫理観、対象者と信頼関係を構築できるコミュニケーション能力の修得
  2. 視機能療法学の土台となる人間科学領域の知識と技術の修得
  3. 視機能療法学の各分野における基礎的・理論的な知識と技術の修得
  4. 視機能療法学の各分野における発展的な知識と技術、実践力の修得
  5. チーム医療における視能訓練士の役割の理解と実践力の修得
  6. 視機能療法に関わる課題解決のための論理的な思考力と柔軟な発想力及び向上心と探求心を持ち、知識・技術の修得や学術研究活動を推進することができる能力の修得