学長プロフィール

  • 氏名 近藤 直実
    職位・職名 教授(学長)
    学位 博士(医学)岐阜大学
    学士(医学)岐阜大学
    担当科目 小児科学、内科学、疾病論
    専門分野 小児科学、アレルギー学、免疫学(特に、原発性免疫不全症候群)、分子遺伝学、タンパク構造生物学(プロテオミクス)、分子(遺伝子)生態学
研究課題 ■主な論文
  • Kato Z,Jee J,Shikano H,Mishima M,Ohki I,Ohnishi H,Li A,Hashimoto K,Matsukuma E,Omoya K,Yamamoto Y,Yoneda T,Hara T,Kondo N,Shirakawa M:The structure and binding mode of interleukin-18.Nature Struct Biol 10,966-971(2003)
  • Kondo N,Matsui E,Kaneko H,Kato Z,Fukao T,Teramoto T,Shikano H,Aoki M,Ohnishi H,Tatebayashi K,Omoya K,Kondo M,Matsukuma E,Kasahara K,Morimoto N:Genetic defects in downregulation of IgE production and a new genetic classification of atopy.Allergology International 53,77-85(2004)
  • Kondo N,Matsui E,Nishimura A,Kaneko H:Pharmacogenetics of asthma in children.Allergy Asthma Immunol Res 2,14-19(2010)
  • Tsutsumi N, Kimura T, Arita K, Ariyoshi M, Ohnishi H, Yamamoto T, Zuo X, Kondo N, Shirakawa M, Tochio H, Kato Z:The structural basis for receptor recognition of human interleukin-18. Nat. Commun 5:5340 doi: 10.1038/ncomms6340 (2014)
    (現在までの総論文数 1365編、うち英文論文数 519編)
所属学会 日本小児科学会 理事(18.4.22~20.4.22)専門医、日本アレルギー学会  常任理事 (21.6~25.5) 専門医、日本小児アレルギー学会  理事長(20.12~26.11)、World allergy organization、Collegium Internationale Allergologicum、全国医学部長病院長会議 常任理事 (18.5~20.3)、日本小児科学会東海地方会 理事長(22.2~27.2)など
メッセージ cure(キュア)とcare(ケア)という言葉があります。cureは治癒、病気が治りきることです。careは介護、看護、いわゆる日本語のケアです。現在はもちろん、将来に向けてもあらゆる病気が治りきるということは考えられません。治癒のためには、そのためのサポートが必要ですし、治癒しない病気をもつ患者さんのQuality of life, QOL、すなわち日常生活の質、生命の質が向上することは極めて重要なことです。歩行できなかった人が看護やリハビリにより機能が回復し、歩行できるようになることは大変な喜びであります。幅広い医療の分野の医療力が強く求められています。本学でこの医療力を育み、社会に大きく貢献してみませんか。
その他 ■主な著書
  • 近藤直実:アレルギー疾患における免疫療法と分子標的治療の位置付け.最新 アレルギー疾患の免疫療法と分子標的治療‐理論と実践.近藤直実 編.診断と治療社.2-9 (2013)
  • 近藤直実著:こどものアレルギー診療のポイント.診断と治療社.pp1~135 (2012)
  • 近藤直実,大西秀典,渡邊倫子:原発性免疫不全症の概念と分類、および自己炎症性疾患・自然免疫不全症・近縁疾患の位置付け.自己炎症性疾患・自然免疫不全症とその近縁疾患.近藤直実,平家俊男 編.診断と治療社.2‐31 (2012)
  • 近藤直実,松井永子著:喘息・アレルギーのテーラーメイド治療.東京 診断と治療社 pp1-196(2013)
■編集委員
  • Pediatrics International 編集委員 (~17.3.31)
  • Journal of Investigational Allergology&Clin Immunology 編集委員
  • Allergology International 編集委員 (~17.3.31)
  • Pediatric Allergy Immunology 編集委員 (~17.12)
■留学
  • トロント大学、京都大学ウイルス研究所、神戸大学第一生化学
■受賞
  • 上原記念生命科学財団研究助成金
  • 母子健康協会研究助成金
  • アストラ研究奨励助成金
  • 財団法人臨床薬理研究振興財団研究奨励金
  • 森永奉仕会西暦2000年記念特別企画・最優秀研究賞
  • 第61回岐阜新聞大賞学術部門
  • 平成25年度岐阜医学功労賞