健康ってなに?

皆さんは、『健康』とはどんな状態のことだと思いますか?

健康な状態とは、これまで様々な定義がされていますが、世界共通の考え方としては、世界保健機関(WHO)が以下のように定義しています。

Health is a state of complete physical、 mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

健康とは、病気ではないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが 満たされた状態にあることをいいます。


この考え方は、視点が広く素晴らしい捉え方です。しかし、WHOが示す健康な状態になることは、簡単なことではないですね。
この定義を満たす健康な状態になるためには、どうしたらいいのでしょうか?

作業療法は、「人は作業を通して健康や幸福になる」と考えています。

人は作業という行為に人生が占められていて、作業がその人にとってバランス良く遂行された状態が維持されている時、健康や幸福であるという考え方です。この考え方はアメリカ発祥で、今では世界中の作業療法の中核的考え方になっています。

ここでいう作業とは、「仕事(work)、遊び(play)、日常生活動作(ADL)」です。この3つがうまく生活を構築している時、健康であるということですね。

皆さんの今の生活は、この3つがバランス良くやれていますか?

例えば、今の社会現象として新型コロナウィルスにより仕事がうまくできなくなったり、遊べない状況は、人間にとってはとても不健康な状態ですし、その時は心身が疲弊したり経済的に苦しい状況になっていたりします.身体と精神(心)とお金は密接に関わり合っているのですね。ですから、健康になるためには、身体だけが病気していない状態を目指すのではなく、精神(心)や社会的役割(経済)も充実した状態になることが重要になります。
こういった視点でご自分の健康を見てみるのも重要かもしれませんね.皆さんの健康な状態を長く続けられることを願っています。