リハビリテーション学科 理学療法専攻在学生からのmessage

  • 理学療法専攻 2年生前田 むつみさん

    国家試験合格や臨床現場での「学び続ける力」を身に付けることができます。
    医療の現場は日々進歩しており、理学療法士としての専門性や人間性を高めるためには、学び続けることがとても大切です。そのためには、疑問を持ち自ら学び解決することが必要です。受け身の授業だけでは、理解したつもりでも、実際には理解できていないことが多々あります。理学療法専攻では、専門的な知識に加えて疑問や解らないことに対して自己解決ができるような学習方法を学び、国家試験合格や臨床現場での「学び続ける力」を身に付けることができます。
    学内では、先生方だけではなく先輩方との関わりも多くあり、臨床学習や勉強について様々なことを教えて頂け、とても充実した学校生活を送っています。
  • 理学療法専攻 3年生加藤 竜馬さん

    「絶対に必要とされる理学療法士になる!」という気持ちを必ず持って入学してください。
    リハビリテーション学科理学療法専攻の1年次では、解剖学などを中心に医療人を目指す上で大切な基礎知識を学びます。その知識を2年次で応用し様々な疾患の病態や治療法を学び、現場で実際に使用する理学療法評価技術も学びます。そして3年次の総合学習で検査や治療を患者様に実施します。3年間で学び知識や技術は、全員が初めて学ぶことばかりです。勉強についていけるのか心配な人もそうでない人も「絶対に必要とされる理学療法士になる!」という気持ちを必ず持って入学してください。その気持ちがあれば有意義な3年間の学生生活を送ることができます。

リハビリテーション学科 理学療法専攻