財務情報事業報告

平成30年度 事業報告

平成30年4月1日から平成31年3月31日まで

Ⅰ法人の概要

1. 沿 革

医療法人社団誠広会が昭和59(1984)年4月にリハビリテーション専門学院を、昭和63(1988)年4月に岐阜視能訓練専門学院を開学しました。その後、平成2(1990)年4月に2校を統合し、平成医療専門学院理学療法学科及び視能訓練学科を開設しました。

平成3(1991)年4月に学校法人誠広学園の岐阜県認可を受け、同学院を運営しました。その後、平成5(1993)年4月に看護学科、作業療法学科を増設し、平成17(2005)年に看護学科看護師2年課程通信制を附帯事業として開設しました。

この医療職教育25年の実績と建学の精神をさらに発展させ、平成21(2009)年4月に平成医療短期大学看護学科及びリハビリテーション学科理学療法専攻を開学しました。

また、短期大学に移行することに伴い、平成21(2009)年3月に平成医療専門学院看護学科、理学療法学科及び看護学科看護師2年課程通信制の学生募集を中止し、平成22(2010)年3月末に看護学科看護師2年課程通信制を、平成23(2011)年3月末に平成医療専門学院看護学科及び理学療法学科を廃止しました。

平成26(2014)年4月に平成医療短期大学リハビリテーション学科に作業療法専攻及び視機能療法専攻を増設しました。

平成26(2014)年3月に平成医療専門学院の学生募集を中止し、在学生全員が卒業した平成28(2016)年3月に廃止しました。

平成医療短期大学リハビリテーション学科作業療法専攻及び視機能療法専攻は、平成29(2017)年3月に完成年度を迎え、第1期生で所定の課程を修めた者が卒業しました。

2. 設置する学校

平成医療短期大学

3. 設置する学科・専攻及び定員数と学生数の状況(学生数は平成30年5月1日現在)

平成医療短期大学(単位:人)

区 分 修学年限 入学定員 入学者 ※ 収容定員数① 在学生数② ②/①%
看護学科 3年 80 53 240 217 90.4
リハビリテーション学科
 理学療法専攻
3年 80 55 240 195 81.3
 作業療法専攻 3年 40 35 120 113 94.2
 視機能療法専攻 3年 40 27 120 96 80.0
合計 240 170 720 621 86.3

※入学者数は平成30年度

4.役員・教職員の概要等

【役員】 平成31年3月31日現在

役 職 氏  名 職  業
理事長 平野 智久 医療法人早徳病院 理事長
理 事 近藤 直実 平成医療短期大学 学長
理 事 高田 信幸 平野総合病院 院長
理 事 平野 喜美子 岐阜リハビリテーションホーム 施設長
理 事 本田 修也  
理 事 羽田 能崇 平成医療短期大学 事務局長
理 事 熊田 ますみ 平成医療短期大学 看護学科長
監 事 岩田 敏男 税理士
監 事 池場 徳之  

【評議員】 平成31年3月31日現在

役 職 氏  名 職  業
評議員 平野 恭弘 誠広会 会長
評議員 平野 喜美子 岐阜リハビリテーションホーム 施設長
評議員 平野 智久 医療法人早徳病院 理事長
評議員 高田 信幸 平野総合病院 院長
評議員 本田 修也  
評議員 山本 眞由美 岐阜大学医学部教授 保健管理センター長
評議員 鷲見 高光  
評議員 山内 久美子 平野総合病院 看護部長
評議員 玉木 吉郎 医療法人香風会 理事長
評議員 山本 義明  
評議員 田中 利典 岩砂病院 リハビリテーション科長
評議員 川本 徹 総合大雄会病院
評議員 羽田 能崇 平成医療短期大学 事務局長
評議員 熊田 ますみ 平成医療短期大学 看護学科長
評議員 長谷部 武久 平成医療短期大学 リハビリテーション学科長
評議員 松井  康樹 平成医療短期大学 視機能療法専攻長

【教職員の概要】

平成医療短期大学令和元年5月1日(単位:人)

区 分 教 授 准教授 その他教員等 合計
看護学科 6 2 13 21
リハビリテーション学科 12 8 5 25
理学療法専攻 7 4 1 12
作業療法専攻 3 2 2 7
視機能療法専攻 2 2 2 6
教員計 18 10 18 46
事務職員 15 15
合計 18 10 33 61

※看護学科「教授」欄に学長含む。

Ⅱ事業の概要

1. 医療専門技術者の人材養成

平成30年度平成医療短期大学卒業生等の状況

(単位:人)

区 分 卒 業 生 国家試験合格者 合格率
看護学科 80 73 91.3%
リハビリテーション学科 108 99 91.7%
 理学療法専攻 60 58 96.7%
 作業療法専攻 23 16 69.6%
 視機能療法専攻 25 25 100.0%
合計 188 172 91.5%

2. 平成医療短期大学の運営

  1. 短期大学の教育方針等
    平成医療短期大学の建学の精神は、「誠意と親切と広い心」を理念に、医療の基本的精神である科学と人間愛に基づき、医療の知識と技術向上に努め、地域医療福祉等に貢献できる人材を養成することとし、次のとおり教育目的を確立して、教育の充実と推進に努めた。
    全学の目的
    建学の精神を理念として、豊かな一般教養の上に専門分野の実践的な学問及び技術を深く教授し、地域社会等に貢献し得る優秀な人材を養成する。
    看護学科の教育目的
    深い人間愛をもち、高い倫理観の上に、高度化、多様化する医療・福祉に相応し得る次の知識・技術及び実践力を持つ看護師を養成する。
    1. 一般教養と看護領域の専門知識、技術及び実践力を養う。
    2. 高度化、多様化する医療環境の変化等に主体的に対応できる実践力を養う。
    3. 生命の尊重と人間愛に基づく行動とチームと協働する良好な人間関係を築ける能力を養う。
    リハビリテーション学科理学療法専攻の教育目的
    深い人間愛をもち、高い倫理観の上に、高度化、多様化する医療・福祉に相応し得る次の知識・技術及び実践力を持つ理学療法士を養成する。
    1. 一般教養と理学療法領域の専門知識、技術及び実践力を養う。
    2. 高度化、多様化する医療環境の変化等に主体的に対応できる実践力を養う。
    3. 生命の尊重と人間愛に基づく行動とチームと協働する良好な人間関係を築ける能力を養う。
    リハビリテーション学科作業療法専攻の教育目的
    深い人間愛をもち、高い倫理観の上に、高度化、多様化する医療・福祉に相応し得る次の知識・技術及び実践力を持つ作業療法士を養成する。
    1. 一般教養と作業療法領域の専門知識、技術及び実践力を養う。
    2. 高度化、多様化する医療環境の変化等に主体的に対応できる実践力を養う。
    3. 生命の尊重と人間愛に基づく行動とチームと協働する良好な人間関係を築ける能力を養う。
    リハビリテーション学科視機能療法専攻の教育目的
    深い人間愛をもち、高い倫理観の上に、高度化、多様化する医療・福祉に相応し得る次の知識・技術及び実践力を持つ視能訓練士を養成する。
    1. 一般教養と視機能療法領域の専門知識、技術及び実践力を養う。
    2. 高度化、多様化する医療環境の変化等に主体的に対応できる実践力を養う。
    3. 生命の尊重と人間愛に基づく行動とチームと協働する良好な人間関係を築ける能力を養う。
  2. 情報の公開
    自己点検評価報告、IR活動、教育研究上の目的、教員組織、入学者等の教育情報、学校法人の財務情報等をホームページで公表しました。
  3. 自己点検評価の実施及び第三者評価の適格認定
    教育、研究、組織等について自己点検及び評価を行い、この結果を基に、教育等の改善を推進するとともに、点検結果をホームページで公表しました。
  4. 教育改革等の実施
    国の第三期教育振興基本計画(平成30年度~34年度)における基本方針の柱の一つは、「夢と志を持ち、可能性に挑戦するために必要となる力を育成する」ということであり、大学に対しては、確かな学力の育成が求められています。そのため、本学に教育改革委員会を設置し、PDCAサイクルに基づいて教育改革を推進しているところであり、平成30年度は、平成29年度に実施した学修評価、実習施設評価、卒後評価並びに自己点検評価報告を分析するとともに、医療職団体、医療福祉施設等の有識者による意見助言を得ながら全学で組織的な改善等に取組みました。

    1. 教育改革委員会の開催と改革推進
      教育改革委員会において学修評価等を実施し、その結果をもとに学修環境整備、教育改善計画の作成とその具体化を推進しました。
    2. 教育改革等環境整備事業 28,698,962円
      • 短期大学施設設備整備事業 8,424,000円
        医療職に必要な主体性と協働性を養い、能動的な学習を推進するため、アクティブラーニングを行うのに適した双方向性システムをG館に整備しました。
      • 学修評価等教育改善事業 2,000,337円
        学修評価、卒後評価・施設等アンケートを分析し、また、就職先施設の意見等も得て教育の改善を行いました。
      • 教職員研鑽、開発推進事業 1,749,512円
        教職員の自主的な教育改革を推進するため、学長裁量の予算枠による教育研鑽・開発を実施しました。
        1. 看護学科 688,041円
          ・妊婦腹部触診シミュレータ、教科書
        2. リハビリテーション学科 1,061,471円
          〇理学療法専攻
          ・トレッドミル
          〇視機能療法専攻
          ・アサクラルーペセット、拡大読書器、ポケットルーペ他
      • 教育改革推進環境整備事業 16,525,113円
        1. 看護学科 1,368,900円
          ・産褥子宮触診シミュレータ、沐浴人形・男女ペア等の整備
        2. リハビリテーション学科 6,838,720円
          〇理学療法専攻
          ・携帯型呼気ガス分析装置、ローカス3Dカメラの増設等
          〇作業療法専攻
          ・認知視覚バランサー、電動車椅子、自立神経バランス分析 他
          〇視機能療法専攻
          ・スポットビジョンクリーナー等の整備
        3. 全学共通 8,317,493円
          〇校内連携強化整備事業
          ・音響機器、自習室の整備
  5. 教育・研究の向上推進 12,351,518円
    ・研究費の活用により教員の担当科目等の研究業績等の向上を図りました。
  6. 就職活動サポート体制の推進
    ・マナー講座、キャリア研修等により就職の支援を推進しました。
  7. 学生の国家資格取得教育の推進
    ・図書室開館時間延長等により、国家試験合格のためのサポート体制を推進しました。
  8. 実習における指導教育体制の充実
    ・2年次生・3年次生の実習実施のため、実習施設、臨床教授等(実習指導者)との連携を図りながら、指導教育の充実に努めました。
  9. 教育課程等の充実
    ・臨床実習事前履修科目の強化等により教育課程の充実を図りました。
  10. 入学準備教育プログラムの充実
    ・入学予定者を対象とした入学前教育を実施し、入学後の学生生活へのスムーズな導入を図りました。
  11. 学生支援体制の推進と実施
    1. 学生支援体制
      ・学生支援室を置き、修学や学生生活についての相談、指導、助言などを行いました。また、事案によっては教員等との連携を図り、学生支援を行いました。
    2. 修学の経済的支援の実施
      ・経済的に修学が困難な学生、災害等により授業料等の負担が困難な学生に対して、授業料等の全部又は一部を免除しました。
       全学免除 21,050,000円
       半額免除 2,750,000円
    3. 奨学生制度
      ・学業、人物ともに優秀と認められる学生に奨学金を支給しました。
       特待奨学生 1,050,000円
       在学奨学生 1,850,000円
      ・AO入試合格者について、エントリー時より高校卒業時の成績が良好であった学生に奨学金を支給しました。
       AO入試特別奨学金 4,200,000円
  12. 学校広報と情報発信
    1. 広報活動
      • 高等学校の進路指導担当及び生徒、保護者に対し、本学に対する理解を深める活動を実施しました。
      • 指定校との連携を密にして、アドミッションポリシーに適合する学生の入学を促進しました。
    2. 情報発信等の推進
      • 学校施設、教育情報、行事等について、ホームページ、パンフレットなどで本学の情報を発信しました。
      • オープンキャンパスを開催する他、会場形式進学相談会や高校内の進路相談会などに積極的に参加しました。
      • 学園だよりを発行し、アクティブラーニング校舎の完成をはじめとする事業報告、決算の概要等について、情報を発信しました。
  13. 厚生施設
    1. 学生レジデンスの設置
      学生レジデンスを確保し、自宅が遠隔地の学生への福利向上を図りました。
      ・8室 (18㎡/室)
    2. 学生食堂の運営
      学生食堂の業者委託により学生の利便を図りました。
      ・委託料 1ヶ月150千円(年間1,800千円)
  14. 経営改善計画の策定と実行管理
    ・入学者の大幅な定員割れという危機的な状況に対処するため経営改善計画を策定し、各種の取組を行いました。
  15. 監査の充実
    • 監査室による内部監査:年2回
    • 公認会計士による財務監査:期中監査 年4回、決算監査
    • 監事による月例監査(特任監事):毎月1回

3. 大学化準備

教育課程、教員組織、施設整備等について、具体化に向けて検討を行いました。

4. 平成30年度行事等の実施状況

・入学式 4月 3日(火)岐阜市文化センター
・スポーツ大会 5月 1日(火)岐阜メモリアルセンター
・オープンキャンパス 6月16日(土)、7月21日(土)、8月10日(金)、8月11日(土)、9月15日(土)、12月15日(土)
・献体慰霊祭 9月28日(金)
・平成祭 10月13日(土)
・卒業式 3月 8日(金)岐阜市文化センター