リハビリテーション学科 作業療法専攻在学生からのmessage

  • 作業療法専攻 2年生岡田 結奈さん

    患者様に信頼される作業療法士になりたいと思います。
    私は高山市出身のため、学校近くで一人暮らしをしています。はじめは勉強と家事の両立ができるか不安でしたが、今は同じ一人暮らしの友達と一緒に学校に残って勉強をしたり、部屋に集まったりして充実した生活を送っています。
    作業療法専攻は先生と学生との距離が近く、先輩・後輩の仲も良いため、作業療法士になる目標を叶えるにはとてもよい環境であると感じています。1年生で行った初めての臨床実習では、知識や技術など基礎をしっかり身につけることの重要さを実感しました。2年生では実技を学ぶ授業も多くなるため、これからも一生懸命努力して、患者様に信頼される作業療法士になりたいと思います。
  • 作業療法専攻 2年生猪股 郁美さん

    実習地では卒業生が働かれており、安心して実習を経験することができました。
    私は、作業療法士の体だけでなく心理面からもサポートできるところに魅力を感じて、この学校に入学しました。入学当初は、高校までとは全く違う学習内容や知識量に戸惑い、ついていけるか心配でした。しかし、クラスメイトと助け合ったり、いつでも親身に相談にのってくださる先生方や先輩方に支えられて、大変ではありますが楽しく学ぶことができています。また、実習地では卒業生が働かれており、安心して実習を経験することができました。そして、私もあんな作業療法士になりたい!という気持ちが強くなりました。入学して1年経ちましたが、この学校を選んで本当に良かったと感じています。私たちと一緒に作業療法士を目指しませんか。