看護学科特色ある教授法

科学的思考を基盤とした看護の実践力、保健・医療・福祉全般にわたる幅広い視野と高い見識に加え、 幅広い教養と豊かな人間性を養います。

1.セメスター制
ほとんどの科目に、半期ごとで完結するセメスター制を導入することにより、学習する立場にある学生にとって短期間に集中して取り組めるようにしています。
2.理論と実践の有機的な連携
専門科目においては、講義と演習を組み合わせた科目を配置し、理論と実践の有機的な連携を図り、学生自らが主体的に考えて学習に取り組む能力と態度を養います。
3.関連法人施設との連携
近隣にあり、本学園の卒業生が多数勤務している関連法人施設と密接な連携を図ることにより、学生の精神的・経済的な不安を解消し、効果的な学習や実習を推進します。
4.オムニバス方式の授業
専門科目において、異なる専門分野の授業担当者がそれぞれの専門分野を教授し、互いに連携し合いながら、学習領域を専門的かつ網羅的に教授することを可能としています。
5.双方向対話型教育支援システムの導入
学生が各座席のクリッカーで教員からの問題や質問に応答すると、その結果が教員のパソコンで即座に集計され、教員は学生の理解度に応じて授業を進めることができるシステムです。これにより、教員による一方通行の授業ではなく、学生が能動的に授業に参加し、理解促進、学習意欲の向上、自主学修増加へと結び付けていくことができます。

授業内容の紹介

学生生活を過ごしていく上で、必要な学生生活のあり方、学内でのマナーやルールを理解します。
グループで活動しながら、話し合いの方法や意見をまとめたり、わかりやすくプレゼンテーション(発表)する方法を身に付けます。

看護師にとって必要な知識と技術をフィジコさんやラングくんなどを使用し、身につけていきましょう。

【担当教員:長田・長屋・梶原・佐々木・坂本】
基礎看護学では、看護全般の基礎となる考え方や技術を学びます。
食事介助などの日常生活への援助技術や注射などの診療の援助技術など、数多くの看護技術を学びます。技術が身につくと楽しいですよ。

【担当教員:古田・吉崎・森岡・林】
成人期は幅が広く、社会の中でも重要な役割を担っている人を対象とし、慢性期から急性期、回復期、ターミナル期と多くの知識、技術が必要となります。
成人の健康レベルに応じた看護ができるよう、一緒に学んでいきましょう。

【担当教員:熊田・二村・浅野】
高齢者疑似体験は、身体機能の低下だけでなく、心理面の理解にもつながります。
また、高齢者看護学実習は、多くの方と関わることで自分自身が優しくなれます。一緒に学びましょう。

【担当教員:小林】
在宅看護は、患者さんとそのご家族が病院を退院後、住み慣れた自宅や地域で療養しながら、安心して暮らせるようサポートする領域です。
医療や福祉などの様々な職種と協力しながらその方の望む生活に近づけるよう考えていきます。あらためて「生活する」ことについて一緒に考えていきましょう。

【担当教員:三品・臼田】
精神看護学では、精神疾患を持った患者さんの看護だけでなく、広く人々の心の健康や発達について学ぶ領域です。
コミュニケーションの方法などの精神的な援助技術も学びます。
「心のケア」を必要としている人へ寄り添う看護を一緒に学びましょう。

【担当教員:皮野・清水・舩戸】
母性看護は、健やかな次の世代の創造と育成のために、女性の一生にわたって援助する領域です。
現在、妊娠・分娩・産褥期にある母親と新生児(赤ちゃん)だけでなく、これから母親になる女性や母子をとりまく家族も対象にしています。
これらの人たちの援助ができるよう確実な知識、技術を身につけ、優しい気持ちを育んでもらいたいと思っています。

【担当教員:松野・岩瀬】
小児看護活動論Ⅰでは、健康な子どもの発達や特徴について生活の側面から学び、小児看護活動論Ⅱと小児看護学実習では、様々な健康レベルにある子どもへの支援に関する理論と技術を学びます。小児看護は、子どもの健康が増進し、健やかな成長・発達が保障されることや、苦痛が緩和し安楽に過ごせること、時には穏やかな死を迎えることを学びます。