令和3年度 自己点検・評価報告書を掲載しました

令和3年度 自己点検・評価報告書を掲載しました

第1回オープンキャンパスを開催しました

6/11(土)に第1回オープンキャンパスを開催しました。

看護学科

仕事説明・学科説明の様子

3年間の流れを紹介し、講義・演習でどのような内容を勉強するのか説明し、2年からはじまる領域毎の実習と実習先病院を紹介しました。

体験学習の様子


「フィジカルアセスメント」をテーマに、聴診器を使い、自分の心音を聞いた後、演習人形を使って異常な心音の聴診などを行いました。

学生と語ろうの様子

参加者からあらかじめ頂いた質問に、順次答えていき、疑問があればさらに深掘りする形式で行いました。短期大学を選んだ理由や、勉強は難しいのか、土日の授業があるか、実習は忙しいのかなどの質問があがりました。


リハビリテーション学科理学療法専攻

仕事説明・学科説明の様子

本学の歴史や沿革、多くの卒業生が地元の病院で活躍していることをはじめ理学療法士の仕事内容について紹介をしました。学科説明では、本学の教育方法や3年間の流れと如何に国家試験に合格して理学療法士になるかについて説明しました。

体験学習の様子


「ストレッチングを体験してみよう」をテーマに、筋肉などの身体の作りについて簡単な講義をした後、ストレッチを体験して頂きました。

学生と語ろうの様子

数グループにわかれ、参加者からの質問に答える形式で行いました。受験や高校にいる間に勉強すべきこと、入学後の勉強や試験、実習、就職活動について、アルバイトはどのぐらいできるかなど、それぞれのグループで様々な質問があがりました。


リハビリテーション学科作業療法専攻

仕事説明・学科説明の様子

多岐にわたる作業療法の仕事内容の一例を説明しました。学科説明ではOSCE(客観的臨床能力試験)やサロン活動等の特徴的なカリキュラムや本学独自の取り組みについて説明しました。

体験学習の様子


「作業療法の具体例」をテーマに、作業療法で作成した生活補助機具の紹介や展示、電動車椅子の試乗、遠出できない患者の精神ケアのためのVRを使った世界旅行体験などを行いました。

学生と語ろうの様子

数グループにわかれ、参加者からの質問に答える形式で行いました。受験にむけてやっておいたほうがよいことや、入学後の勉強方法、通学方法、遠方からの参加者からは下宿先はどのように決めたかや日々の家事と勉強の両立など、それぞれのグループで様々な質問があがりました。


リハビリテーション学科視機能療法専攻

仕事説明・学科説明の様子

仕事説明で、ロービジョンの患者に対する支援、幼児期の視機能発達と矯正等の説明を交えながら視能訓練士がどのような検査をし患者をサポートする職業か紹介をしました。学科説明では入学してからの勉強や演習・実習、国家試験のサポート等について説明を行いました。

体験学習の様子


一般的な視力検査から専門的な検査器具など、視能訓練士が業務で使う機器・器具の使い方について、説明と実例見学をして頂きました。

学生と語ろうの様子

参加者からあらかじめ頂いた質問に順次学生が回答しました。勉強の難しさやアルバイトと両立できるか、遠方からの学生が多いので一人暮らしについての様々な質問がありました。

第1回オープンキャンパスを開催しました

2022年オープンキャンパス予約受付中!

2022年オープンキャンパス予約受付中!

【視機能療法専攻】教員公募

【視機能療法専攻】教員公募

本学 作業療法専攻はWFOT認定校となりました

本学、作業療法専攻におきまして、日本作業療法士協会から世界作業療法士連盟(WFOT)の「作業療法士教育の最低基準」の条件を満たしていることが認証されました。本学、作業療法専攻はWFOT認定校となりました。

本学 作業療法専攻はWFOT認定校となりました

【看護学科】教員公募

【看護学科】教員公募

第5回オープンキャンパスを開催しました

12/4(土)に第5回オープンキャンパスを開催しました。
今回は職種について理解を深めて頂くため、体験を中心とした内容で行いました。

看護学科

血圧測定体験のようす。看護の基本である血圧測定、音の違いを説明し、聴診器で聞き分けながら計測しました。

新生児の看護体験のようす。シミュレーション人形を使って、着替えとオムツ交換、抱っこをして頂きました。新生児は首もすわっておらず、体の関節が外れやすいので注意が必要です。

 

リハビリテーション学科理学療法専攻

エコー検査体験のようす。エコー機器をあてると身体の内部がモニターに映ります。正常な表示や異常な表示を説明し、ここからどのように治療計画につなげるかを説明しました。

 

血管年齢測定体験のようす。血管年齢を測り、生活改善や脳梗塞等の病気になりにくい身体づくりへの指導に、どのように活かすか説明しました。

 

リハビリテーション学科作業療法専攻

VR体験のようす。最新のVR機器を使い、内臓や骨など身体の中をのぞく体験をして頂きました。この機器は他の用途でも活用が期待されており、麻痺などで思うように外出できない人が旅行を疑似体験するなど、精神ケアを行う治療も見込まれています。

 

生活に関係する器具の展示。怪我や病気などで身体の動かせる部分が限られている患者さんに対し、作業療法士は食器、洗濯干しハンガー、ブラシ等さまざまな道具を作成し、その人が生活できるよう補助します。

 

リハビリテーション学科視機能療法専攻

レンズの度数を測る体験のようす。視能訓練士の業務の1つ、矯正レンズを選ぶ業務を体験して頂きました。このように視力検査を行いながら最適なレンズを探していきます。

 

斜視検査の体験のようす。視能訓練士の業務には、斜視の矯正があります。斜視の状態を作る眼鏡をかけて頂き、三角プリズムを使った斜視検査を体験して頂きました。

第5回オープンキャンパスを開催しました

【視機能療法専攻】教員公募

【視機能療法専攻】教員公募

認証評価 オンライン調査が行われました

「認証評価」とは、学校教育法において、全ての大学・短期大学に対して7年以内に一度、文部科学大臣の認証を受けた機関による評価を受けることを義務付ける制度です。

本学は平成26年度に1度目の評価を受けて「適格」と判定されております。令和3年度は、2度目の受審となりますが、令和3年9月15日(水)と17日(金)にオンラインによる調査が行われました。本来であれば対面形式で実施されますが、新型コロナウイルス拡大の影響を受け、Zoomを活用したオンライン形式での調査となりました。

初日は評価チームとの対話による面接調査、2日目は学生インタビュー及び学内施設の確認と面接調査が行われました。

本学では、毎年、学内の教育改革等の取り組みに関して自己点検・評価を行った上で次年度以降の教育改革等に反映させるというPDCAサイクルに基づく活動に取り組んでおりますが、こうした外部評価機関による評価を受審することにより、より一層、本学の特徴、今後取り組むべき課題を認識し、改善・改革の一助にすることができると考えます。評価結果が出るのは、今年度末になりますが、今回のオンライン会議における御指導、御助言等を活かし、さらなる教育改革・改善に努めてまいります。

今般のオンライン調査にあたり、ピアレビューの精神に基づき、的確な御指摘、御指導と共に温かな御助言等を行っていただきました評価チームの先生方、また事務的なサポートをいただきました(一般財団法人)大学・短期大学基準協会の皆様方に厚く御礼を申し上げます。

認証評価 オンライン調査が行われました

第3回・第4回オープンキャンパスを開催しました。

8/6(金)に第3回、8/7(土)に第4回オープンキャンパスを開催しました。

看護学科

仕事説明・学科説明の様子

看護師には小児、成人、在宅等の領域があり、それぞれの仕事内容について紹介をしました。学科説明では3年間の勉強・演習内容を説明後、領域毎の実習と実習先病院を紹介しました。

体験学習の様子

「聴診器体験」をテーマに体の各部の音を聞いて頂きました。

学生と語ろうの様子

感染症対策のためオンラインで別室とつなぎ実施しました。学生をスクリーンに映し、学生生活や勉強内容など、様々なことについて対話しました。

リハビリテーション学科理学療法専攻

仕事説明・学科説明の様子

本学の歴史や沿革、多くの卒業生が地元の病院で活躍していることをはじめ理学療法士の仕事内容について紹介をしました。学科説明では、本学の教育方法や3年間の流れと如何に国家試験に合格して理学療法士になるかについて説明しました。

体験学習の様子

骨や筋肉の仕組みから、人の体がどのように動くのか学習しました。

先生の説明を受けながら、参加者が実際に触診の体験をしました。

学生と語ろうの様子

感染症対策のためオンラインで別室とつなぎ実施しました。教室スクリーンに学生を映し、様々なことについて対話しました。

リハビリテーション学科作業療法専攻

仕事説明・学科説明の様子

多岐にわたる作業療法士の仕事内容の一例を説明しました。学科説明ではOSCE(客観的臨床能力試験)やサロン活動等の特徴的なカリキュラムや本学独自の取り組みについて説明しました。

体験学習の様子

「作業って何だろう」をテーマに、リハビリで使用している機具の紹介や展示を行いました。

学生と語ろうの様子

感染症対策のためオンラインで別室とつなぎ実施しました。学生をスクリーンに映し、学生生活や勉強内容など、様々なことについて対話しました。

リハビリテーション学科視機能療法専攻

仕事説明・学科説明の様子

仕事説明で、ロービジョンの患者に対する支援、幼児期の視機能発達と矯正等の説明を交えながら視能訓練士がどのような検査をし患者をサポートする職業か紹介しました。学科説明では入学してからの勉強や演習・実習、国家試験のサポート等について説明を行いました。

体験学習の様子

一般的な視力検査から専門的な検査器具など、視能訓練士が業務で使う機器・器具の使い方をオンライン放送したのち、機器の見学をして頂きました。

学生と語ろうの様子

感染症対策のためオンラインで別室とつなぎ実施しました。教室スクリーンに学生を映し、参加者からあらかじめ頂いた質問に学生が回答しました。

第3回・第4回オープンキャンパスを開催しました。