リハビリテーション学科 視機能療法専攻専攻教員紹介

  • 大庭 紀雄Ohba Norio特任教授

略歴

  • 1961年3月:東京大学医学部卒業
  • 1962年7月:東京大学(医学部付属病院,助手)
  • 1965年7月:日本電電公社関東逓信病院(現 NTT東日本病院)(職員)
  • 1969年7月:米国ミシガン大学(医学部眼科,訪問研究員)
  • 1971年7月:東京大学(医学部眼科専任講師,外来医長)
  • 1977年12月-2002年3月:鹿児島大学(眼科学講座教授,眼科診療科長)
  • 2002年4月-2014年3月:平成医療専門学院(非常勤講師)
  • 2004年4月:愛知淑徳大学医療福祉学部視覚科学専攻教授
  • 2014年4月:平成医療短期大学(視機能療法専攻,教授/専攻長)
  • 2017年4月:平成医療短期大学特任教授 (視機能療法専攻)

メッセージ

    視能訓練士という専門職業人として活躍するために必須の基礎的知識と技能が身につくように講義します。何が大切で何が必須の知識であるかの視点から厳選して、平易な言葉を使い、キーとなる事柄はもれなく板書し図解して説明していきます。こうした講義の内容を配布したノートにできるだけ忠実に書き取り、自身で調べたり考えたりしたことをどしどし書き加えて講義録を充実させること、これが予習であり復習です。筆記試験では、持ち込んだノートを活用して回答できるようにすることも大切です。とにかく、「文章を書くこと、書き留めておくこと」を習慣づけることは、脳機能の開発と向上に有用なことはもとより、医療職に従事した場合に大いに役立つのです。情報がぎっしりつまったノートは自身の一生の宝物になるに違いないのです。

担当講義・演習

視器の病理学、医療情報学、眼薬理学、神経眼科学、視機能訓練学Ⅴ(視機能訓練学、総括)

研究領域

眼科学、眼遺伝病学、小児眼科学、神経眼科学、眼科学史

主要業績

【論文・総説】
  • Ohba N, Nakao K, Isashiki Y, Ohba A: The 100 most frequently cited articles in ophthalmology journals. Arch Ophthalmol 125: 952-960, 2007
  • Ohba N, Nakao K: The 101 most frequently cited articles in ophthalmology journals from 1850 to 1949. Arch Ophthalmol 128: 1610-1617, 2010
  • Ohba N, Nakao K: Sleeping beauties in ophthalmology. Scientometrics 93: 253-264, 2012
  • 大庭 紀雄,丹沢 慶一,佐藤 奈美:Japanese Journal of Ophthalmology: 計量書誌学的検討と被引用状況.日眼会誌 123:11-23,2019
他,英文誌,和文誌,著書等多数

学外での活動

【所属学会・団体】
日本眼科学会名誉会員、日本神経眼科学会名誉会員、日本小児眼科学会名誉会員

その他

鹿児島大学名誉教授
  • 佐藤 奈美Sato Nami助教

    学位 学士(教養)放送大学
    専門分野 視能矯正学

略歴

  • 2001年3月 :神戸総合医療介護福祉専門学校視能訓練士科卒業
  • 2001年4月 :市立島田市民病院眼科・視能訓練室
  • 2013年4月 :平成医療専門学院視能訓練学科
  • 2014年10月 :岐北厚生病院 眼科(非常勤)
  • 2016年4月 :平成医療短期大学リハビリテーション学科視機能療法専攻
  • 2018年3月 :放送大学教養学部(教育・心理)卒業

職歴!?- 子育て(4人の母業 奮闘中。)

メッセージ

勉強は毎日コツコツと、実技はたくさん練習を重ねることが最大の武器になります。単純なことですが、まじめに努力することは意外と難しいことです。継続するには、一人で頑張らず、同じ目的を持っている仲間と支え合って、時には教員にも頼って一緒に頑張りましょう。また、日々の生活からコミュニケーション能力を上げていけるよう意識することも大切です。働くためだけではなく、人格や生活も豊かになるでしょう。人間的にも成長して「信頼される視能訓練士、愛される視能訓練士」になってもらいたいというのが願いでもあり、私自身の目標です。

担当講義・演習

視機能訓練学Ⅰ(視機能訓練学、弱視),視機能検査学演習Ⅰ,視機能検査学演習Ⅱ,視機能検査学演習Ⅲ,生理光学演習Ⅰ,生理光学演習Ⅱ,視覚生理学演習Ⅰ,視機能訓練学演習.

研究領域

眼科学史

主要業績

【論文・解説・総説】

  • 大庭紀雄,丹沢慶一,佐藤奈美:神経眼科の古典・原典:Graefe, Bjerrum, Traquir.神経眼科 36:76-86,2019.
  • 丹沢慶一,佐藤奈美,大庭紀雄:眼科領域におけるeponym指標の実態.日本眼科学会雑誌 123:347-366,2019.
  • 大庭紀雄,丹沢慶一,佐藤奈美:日本眼科學會雑誌:被引用状況からみた国際性.日本眼科学会雑誌 123:70-78,2019.
  • 大庭紀雄,丹沢慶一,佐藤奈美:Japanese Journal of Ophalmology: 計量書誌学的検討と被引用状況.日本眼科学会雑誌 123:11-23,2019.
  • 大庭紀雄,丹沢慶一,佐藤奈美:神経眼科の古典・原典:視交叉部:semi-decussation, Wilbrand’s knee.神経眼科35 2018.
  • 佐藤奈美,大庭紀雄:神経眼科の古典・原点:ベル現象(Bell’s phenomenon),ベル麻痺(Bell’s palsy):神経眼科 35,212-215,2018.
  • 佐藤奈美,大庭紀雄:神経眼科の古典・原典:神経眼科領域におけるeponymの現況.神経眼科 35:176-186,2018.
  • 大庭紀雄,大庭彩子,佐藤奈美:神経眼科の古典・原典:Parinaud症候群.神経眼科 35:89-96,2018.
  • 大庭紀雄,佐藤奈美:神経眼科の古典・原典:Argyll Robertson瞳孔,Adie症候群.神経眼科 34:472-481,2018.
  • 大庭紀雄,大庭彩子,佐藤奈美:神経眼科の古典・原典:第一次視覚野の網膜部位対応地図:Tatsuji Inouye(1909),Gordon Holmes(1916).神経眼科 34:361-373,2017.
  • 大庭紀雄,大庭彩子,佐藤奈美:神経眼科の古典・原典:Riddoch現象と盲視.神経眼科 34:203-214,2017.
  • 大庭紀雄,佐藤奈美,野原尚美:神経眼科の古典・原典:Kearns-Sayre症候群.神経眼科 34 :65-72,2017.
  • 大庭紀雄,佐藤奈美,大庭彩子:神経眼科の古典・原典:多発性硬化症の神経眼科.神経眼科 33:402-414,2016.
  • 大庭紀雄,山本欽一,佐藤奈美;神経眼科の古典・原典:麻痺性斜視の手術.外眼筋移動術,外眼筋結合術.神経眼科 33:290-301,2016.

【学会発表】

  • 佐藤奈美,松田育子,大庭紀雄:日本視能訓練士協会誌,視能訓練士国家試験問題におけるeponym使用の実態.第59回日本視能矯正学会,2018.
  • 大庭紀雄,佐藤奈美:Japanese Journal of Ophthalmology創刊からの計量書誌学的考察(A bibliometric review of Japanese Journal of Ophthalmology since launching)(英語):第122回日本眼科学会総会,2018.
  • 大庭紀雄,佐藤奈美:神経眼科および関連領域におけるeponym解題.第55回日本神経眼科学会総会,2017.
  • 佐藤奈美,野原尚美,松田育子,大庭紀雄:視能矯正学と関連領域のeponym解題.第58回日本視能矯正学会,2017.
  • 大庭紀雄,佐藤奈美,野原尚美,松田育子:視能矯正学領域における他施設共同研究の現況.第58回日本視能矯正学会,2017.
  • 野原尚美,佐藤奈美,松田育子,田島嘉人,河村章史,熊田ますみ,大庭紀雄:多職種連携教育と教育効果の検討,第58回日本視能矯正学会,2017.
  • 松田育子,佐藤奈美,山口はるか,所欣正,野原尚美,大庭紀雄:模擬患者参加型体験実習における教育効果の検討.第58回日本視能矯正学会,2017.
  • 宮本安住己,野原尚美,田中健司,佐藤奈美,松井康樹:測定距離の変化による視力検査法の実用性について.第58回日本視能矯正学会,2017.
  • 山本欽一,佐藤奈美:平成医療短期大学における学習到達度測定の試み.第57回日本視能矯正学会,2016.
  • 佐藤奈美,山本欽一,大庭紀雄:斜視および弱視領域における過去115年間の国際誌原著論文の計量書誌学的調査研究,第57回日本視能矯正学会,2016.
  • 大庭紀雄,山本欽一,佐藤奈美;神経眼科学の発展に寄与した原著論文および専門書籍のレガシー調査研究.第54回日本神経眼科学会総会,2016.

学外での活動

日本視能訓練士協会;需給委員会委員,基礎教育プログラムⅡ修了
全国視能訓練士学校協会;事務局,第7回教員研究会修了

その他

  • アロマテラピー検定1級 アドバイザー
  • メディカルハーブコーディネーター *植物の力から癒される時間を頂いています。
  • 田中 健司Tanaka Kenji講師

    学位 修士(医療・福祉マネジメント学)日本福祉大学
    学士(経済学)立命館大学
    専門分野 視能学

略歴

  • 2003年3月:立命館大学経済学部経済学科卒業
  • 2007年3月:平成医療専門学院視能訓練学科卒業
  • 2007年4月:視能訓練士免許取得
  • 2007年4月:多治見市民病院
  • 2009年4月:たじみ岩瀬眼科
  • 2016年3月:日本福祉大学大学院医療・福祉マネジメント研究科修士課程修了
  • 2016年4月:日本福祉大学大学院医療・福祉マネジメント研究科 研究生
  • 2017年4月:平成医療短期大学リハビリテーション学科視機能療法専攻助教

メッセージ

視能訓練士になるための知識や技術を習得することはもちろん、患者さんの日常生活や心理面への影響を考えて、検査や訓練ができるような視能訓練士を育てたいと思っています。

担当講義・演習

視器の解剖と生理学Ⅰ・Ⅱ、視機能検査学Ⅰ、基礎視能矯正学Ⅰ、画像診断学、視機能訓練学Ⅳ、基礎視機能矯正学特論Ⅱ、視覚生理学演習Ⅰ・Ⅱ、生理光学演習Ⅰ、視機能検査学演習Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、視機能訓練学演習

研究領域

緑内障、視野、光干渉断層計、quality of life

主要業績

【論文】
  • 田中健司:緑内障患者におけるQOLとソーシャル・サポートの関連.日本福祉大学大学院医療・福祉マネジメント研究科修士論文,2016.
  • Iwase, A; Sawaguchi, S; Sakai, H; Tanaka, K; Tsutsumi, T; Araie, M:Optic disc, rim and peripapillary chorioretinal atrophy in normal Japanese eyes: the Kumejima Study. Jpn. J. Ophthalmol., 2017.
  • Iwase, A; Sekine, A; Suehiro, J; Tanaka, K; Kawasaki, Y; Kawasaki, R; Sinai, MJ; Araie, M:A New Method of Magnification Correction for Accurately Measuring Retinal Vessel Calibers From Fundus Photographs. Invest. Ophthalmol. Vis. Sci., 2017 vol. 58(3) pp. 1858-1864.
【学会発表】
  • 田中健司,末廣淳,山田勝啓,水野恵,今井美紗,柘植美香,岩瀬愛子,川崎有美子,川崎良,新家眞:トプコン眼底カメラ用網膜血管径計測ソフトの開発.第25回日本緑内障学会,2014.
  • 田中健司,水野恵,柘植美香,今井美紗,岩瀬愛子:正常眼におけるエスターマン両眼視野の評価.第26回日本緑内障学会,2015.
  • 田中健司,岩瀬愛子,水野恵,柘植美香,今井美紗,宇田川さち子,柏倉秀克:緑内障患者における心理状態の評価.第27回日本緑内障学会,2016.
  • 田中健司,岩瀬愛子,柏倉秀克:わが国における緑内障患者のQOL 評価研究の現状と課題,第58回日本視能矯正学会,2017.
  • 田中健司,水野恵,後藤美紗,薄雄斗,岩瀬愛子:Humphrey視野計におけるSITA StandardとSITA Fasterの比較検討.第27回日本緑内障学会,2018.
  • 田中健司,岩瀬愛子,水野恵,宇田川さち子、柏倉秀克:緑内障患者のQOLとソーシャル・サポートの関連.第59回日本視能矯正学会,2018.
【著書】
  • 眼科ケア13巻9号「3DOCT-2000」,2011.
  • 眼科ケア20巻6号「特集 眼科検査力アップ10講座 静的視野検査」,2018.
【受賞歴】
  • 第26回日本緑内障学会学術集会 学術展示優秀賞
  • 第27回日本緑内障学会学術集会 優秀ポスター賞
【講演】
  • 第24回日本緑内障学会教育講演講師,2013.
  • 第2回岐阜県視能訓練士会勉強会講師,2016.
  • 第13回東海視能訓練士研究会講師,2016.
  • 第17回三河視能訓練士勉強会講師,2017.
  • 第28回日本緑内障学会ロービジョンプログラム指導員,2017.
  • 第29回日本緑内障学会ロービジョンプログラム講師.2018.
  • 第21回三河視能訓練士勉強会 座長,2018.

学外での活動

【所属学会・団体】
日本眼科学会会員
日本視能訓練士協会会員
日本緑内障学会会員
日本視野画像学会会員
日本ロービジョン学会会員

【社会活動】
世界緑内障週間関連事業無料検診に毎年参加

その他

ファッションコーディネート色彩能力検定2級
  • 丹沢 慶一Tanzawa Keiichi准教授

    学位 博士(感覚矯正学)川崎医療福祉大学
    専門分野 瞳孔反応

略歴

  • 2007年3月: 川崎医療福祉大学医療技術学部感覚矯正学科視能矯正専卒業
  • 2009年3月: 川崎医療福祉大学大学院医療技術学研究科感覚矯正学専攻修士課程修了
  • 2013年3月: 川崎医療福祉大学大学院医療技術学研究科感覚矯正学専攻博士後期課程修了
  • 2013年4月: 川崎医療福祉大学医療技術学部感覚矯正学科視能矯正専攻助教/川崎医科大学附属病院眼科視能訓練士
  • 2017年4月: 川崎医科大学総合医療センター眼科視能訓練士
  • 2018年4月: 平成医療短期大学リハビリテーション学科視機能療法専攻講師
  • 2019年4月: 平成医療短期大学リハビリテーション学科視機能療法専攻准教授

メッセージ

    学びと遊びの両方をバランスよく保つと良い学生生活が送れると思います。授業ではActiveかPassiveか、講義か演習か、学内か学外かと状況に応じて迅速に、臨機応変な対応をとることがとても大切です。
    当専攻のほとんど全ての学生は卒業後、視能訓練士として働くことから、先輩後輩や友人関係にとどまらず、同じ職業人を目指す同志です。学問について、検査・矯正手技について、視能訓練士について、さらにはそれ以外のことも活発に意見を交わし、切磋琢磨することが、互いの将来の糧になるかと思います。
    そして、”学生は学生らしく”理想と探究心を持ち過ごしてください。

担当講義・演習

【講義】
視機能療法学概論、視機能訓練学Ⅱ、視機能訓練学Ⅲ、視機能訓練学特論Ⅰ、視機能検査学Ⅰ
【演習】
視機能検査学演習Ⅳ

講義・演習の方針

【講義について】
    担当するいずれの講義についても先行して開講される解剖学、生理学、光学の基礎知識の修得が不十分な場合には、内容を把握することが難しいと思いますので、よく復習をして臨んでください。授業の内容に関してはシラバスを参照してください。講義は基本的に教科書に沿って進めます。講義中は重要なポイントを解説し、必要だと思われる情報を適宜加えますが、学生自身が教科書を読み、参考書やその他の成書等で調べ、その中から情報を拾い上げ整理するプロセスが大切だと考えています。このプロセスは今後、論文や専門書等を読解する場面でも生かされると思います。また、1単元ごとに小試験をおこなうことで、知識の定着を図っています。

【演習について】
    2年次前期までは、理論に基づく標準的な方法を丁寧に素早くできることを重視し、指導しています。理論の把握や基本的手技が未熟であれば、”臨床的”と称される手法を覚えても、応用の利かない付け焼刃となってしまうと考えています。2年次後期からは、それまでに修得した理論や技術を基に、臨床現場における合理的な検査・矯正の進め方を指導しています。
    また、自身の考えをまとめ、相手に伝える能力も臨床現場をはじめ多くの場面で必要となるため、プレゼンテーションやディスカッションの指導にも積極的に取り組んでいます。

研究領域

対光反射 / 近見反応

研究について

    私の研究領域は瞳孔反応です。瞳孔反応は光の明暗や、見ているものが近づいたり遠ざかったりすることで瞳孔が収縮/拡大する反応を指し、”対光反射”、”近見反応”等と呼ばれます。反応は一見単純ですが、疾患や疲労、心理状態によって変化することが知られており、観察・分析することで、客観的に様々な心身の状態を評価することが可能となり得ます。
    私が今、関心のあるテーマは瞳孔反応と主観的応答の関連です。視能矯正学分野においては、被験者(患者)の主観的応答を指標に心身の状態を評価する検査(例えば視力検査)が多く、それらの検査結果は被験者の理解力や集中力の程度に左右されます。検査の指標に瞳孔反応を加えることで、これまでよりも正確に評価できるのではないかと考えています。

主要業績

【論文・解説・総説】
  • 丹沢慶一,佐藤奈美,大庭紀雄:眼科領域におけるeponym指標の実態.日本眼科学会雑誌 123:347-366,2019.
  • 大庭紀雄,丹沢慶一,佐藤奈美:日本眼科學會雑誌:被引用状況からみた国際性.日本眼科学会雑誌 123:70-78,2019.
  • 徳武明樹,長谷部佳世子,今井俊裕,長田裕佳,森山祐三子,丹沢慶一,森澤伸,小橋理栄,古瀬尚,長谷部聡:外斜視手術前のプリズムアダプテーションテスト(PAT)で自覚した同側性複視消失-家庭でのPATの有用性.日本視能訓練士協会誌 47:67-72,2018.
  • Namba T, Tanzawa K, Nakano K, Nishida Y, Hayashi Y, Tanabe H : Evaluation of Asthenopia Caused by Game Console. Kawasaki Journal of Medical Welfare 24 : 9-16,2018.
  • 丹沢慶一, 岡真由美, 西田茉有李:健常成人における各視野象限で誘発される対光反射の検討.神経眼科 35:41-47,2018.
  • 田淵昭雄,田内雅規,山下力,小林泰子,丹沢慶一,藤原篤之,前田史篤,奥村俊通:バリアフリー 倉敷芸文館の試み.眼科臨床紀要 7:585-591,2014.
  • Maeda F, Tanzawa K, Fukushima S, Inakagata S, Kani K, Tabuchi A: A pupil perimeter for objective visual field measurement. 2007 IEEE/ICME international conference on complex medical engineering, 1122-1125, 2007.

学外での活動

【所属学会・団体】

日本眼科学会会員,日本視能訓練士協会会員,日本弱視斜視学会会員,日本神経眼科学会会員.

その他

平成視る会顧問:研究を共にする仲間が欲しいと思い,視機能療法専攻2018年度生の有志と”平成視る会”を結成しました.いわゆる”ゼミ活動”をしています.現在のところ,週に1,2回程度,放課後に実施しています.興味のある学生は随時参加可能です.声をかけてください.

  • 野原 尚美Nohara Naomi教授

    学位 修士(教育学)岐阜大学
    専門分野 斜視弱視

略歴

  • 1992年3月:平成医療専門学院視能訓練学科卒業
  • 1992年4月:視能訓練士免許取得
  • 1992年4月:北里大学病院 眼科入職
  • 1996年4月:平成医療専門学院視能訓練学科専任教員
  • 2009年4月:平成医療専門学院視能訓練学科教務主任
  • 2014年4月:平成医療短期大学リハビリテーション学科視機能療法専攻 講師
  • 2016年4月:平成医療短期大学リハビリテーション学科視機能療法専攻 准教授
  • 2016年3月:岐阜大学大学院教育学研究科心理発達支援専攻特別支援教育コース修士課程修了
  • 2017年4月:平成医療短期大学リハビリテーション学科視機能療法専攻 教授 現在に至る

メッセージ

視能訓練士の魅力を伝えながら、この学校で学んで良かったと思ってもらえるような指導をしていきたいと思います。大学生らしく、自らで考え、自ら率先して学業に励む、そんな意欲的な姿が見られることを期待しています。3年間で専門知識・検査技術は勿論、社会人としてのマナーも身につけ、全員で国家試験に合格出来るよう一緒に精一杯頑張りましょう。

担当講義・演習

基礎視機能矯正学Ⅱ(眼位、両眼視)、視機能検査学Ⅱ(眼位検査)、視機能検査学Ⅲ(両眼視機能検査)、視機能検査学演習Ⅰ、視機能検査学演習Ⅱ、視機能検査学演習Ⅲ、視機能訓練学Ⅰ(視機能訓練、基礎)視機能訓練学演習、視機能訓練学特論Ⅱ(応用)

研究領域

斜視弱視
デジタルデバイス使用時の視機能
多職種連携教育

主要業績

【論文】

  • 野原尚美:小中学生におけるタブレット端末使用時の視機能への影響に関する研究.岐阜大学大学院教育学研究科修士論文,2016.
  • 野原尚美,説田雅典,松井康樹,野原貴裕,原 直人:携帯電話・スマートフォン使用時および書籍読書時における視距離の比較検討,あたらしい眼科32-1:163-166,2015.
  • 大庭 紀雄,野原 尚美,宮本安住巳:弱視の病態生理に関する最近の知見,あたらしい眼科32-1: 229-237,2015.
  • 野原尚美,松井康樹,山本欽一,牧田京子,高橋宏子,岐阜県眼科医会:岐阜県における視能訓練士雇用への意識調査-岐阜県眼科医会会員へのアンケート結果-,日本視能訓練士協会誌39:207-215,2010.
  • 池谷尚剛,野原尚美他;岐阜県における視覚障害関係機関ネットワーク活動の現状と課題~岐阜視覚障害研究会の活動からみた特別支援教育ネットワークの形成~,岐阜大学教育学部研究報告. 人文科学52 -2:395-408,2003.
  • Naomi Nagae(旧姓),Takahiro Nida, Masato Wakakura, Kazuo Mukuno, Satoshi Ishikawa:STATIC THRESHOLD ACROSS THE VISUAL FIELD IN AMBLYOPES,TRANSACTIONS OF THE Ⅷth INTERNATIONAL ORTHOPIC CONGRESS, 1995.

【学会発表】

  • 野原尚美他;多職種連携教育における社会的スキルの検討,第59回日本視能矯正学会,2018
  • 野原尚美他;多職種連携教育と教育効果の検討, 第58回日本視能矯正学会, 2017.
  • 野原尚美他;小中学生におけるタブレット端末使用授業時の視距離の検討, 第57回日本視能矯正学会, 2016.
  • 野原尚美他;携帯電話並びにスマートフォンの視距離と書籍における視距離の比較検討, 第53回日本視能矯正学会, 2012.
  • 野原尚美他;岐阜県における視能訓練士雇用への意識調査-岐阜県眼科医会会員へのアンケート結果-,第50回日本視能矯正学会,2009.
  • 長江尚美(旧姓)他;STATIC THRESHOLD ACROSS THE VISUAL FIELD IN AMBLYOPES, 第8回国際視能矯正学会, 1995.
  • 長江尚美(旧姓)他;不同視弱視における網膜感度, 第35回日本視能矯正学会, 1994.

【著書】

  • 全国から情報をお届け!視能訓練士養成校 もぎたてニュース 第6回  眼科ケアVol.17 No10 87-89 2015年10月

学外での活動

日本視能訓練士協会会員
日本視能訓練士協会専任教員認定
岐阜視能訓練士会代表
岐阜県立岐阜盲学校非常勤講師
目に関する相談会委員(岐阜県立岐阜盲学校視覚障害支援部担当)
大垣市民病院非常勤

  • 松井 康樹Matsui Koki教授 / 専攻長

    学位 修士(再生医科学)岐阜大学
    専門分野 視覚生理学

略歴

  • 1991年3月:平成医療専門学院 視能訓練学科卒業
  • 2002年3月:学士(社会福祉学)佛教大学通信教育社会福祉学部社会福祉学科卒業
  • 2016年3月:岐阜大学 大学院 医学系研究科 組織器官形成分野 再生医科学専攻修了

メッセージ

卒業そして国家試験合格の後、即戦力で働くことができるよう、そして、素敵な視能訓練士になれるよう頑張ってください。

担当講義・演習

解剖学Ⅱ、視覚生理学Ⅰ・Ⅱ、視機能障害学Ⅰ・Ⅱ、視機能検査学概論、画像診断学、視覚生理学演習Ⅱ、視機能検査学演習Ⅰ・Ⅲ・Ⅳ、視機能検査学概論、視機能訓練学演習、基礎視機能矯正学特論、画像診断学

講義・演習の方針

考えて検査ができ、眼科医師に頼りにされる視能訓練士育成を目標に、講義と演習を行っています。そのためには、講義と演習には出席すること、そして自己学習をすることが大切です。その手助けをしていきます。

研究領域

視覚生理学、神経眼科学、脳機能

主要業績

【論文】
  • 原直人、松井康樹 他:受動式乗員保護装置であるエアバック作動後に生じた眼外傷の1例, 臨床眼科,1993.
  • 松井康樹 他:VDT作業と紙面作業におけるフリッカー値の比較.臨床眼科, 1994.
  • 枝川宏、松井康樹 他:スポーツ選手における視力と競技能力, 日本コンタクトレンズ学会誌,1995.
  • 枝川宏、松井康樹 他:スポーツ選手の視力と競技力の関係, 臨床スポーツ医学,1996
  • 池谷尚剛、松井康樹 他:岐阜県における視覚障害関係機関ネットワーク活動の現状と課題, 岐阜大学教育学部研究報告 人文科学,2003.
  • 松井康樹 他:Hirschberg testとその歴史的考察.日本視能訓練士協会誌, 2009
  • 松井康樹 他:電子瞳孔計を用いた瞳孔径測定.平成医療専門学院 紀要, 2009
  • 松井康樹 他:映像による視覚機能への影響と脳活動―3D映像の脳神経活動への影響の検討―, 神経眼科,2010.
  • 松井康樹 他:色相の違いによる瞳孔径の変化.平成医療専門学院 紀要, 2010.
  • 松井康樹 他:3D映像注視時と2D映像注視時の脳活動の差異~近赤外分光法(NIRS)での検討~.自律神経学会誌, 2011.
  • 大庭紀雄、松井康樹:眼科学雑誌のインパクトファクターと新しい雑誌評価指標, 日本眼科学,2013.
  • 大庭紀雄、松井康樹:光感受性網膜神経節細胞:再訪, 日本眼科学会,2013.
  • 近藤直実、松井康樹 他:これからの小児医療, 岐阜県小児科医会報, 2013
  • 野原尚美、松井康樹 他:携帯電話・スマートフォン使用時および書籍読書時における視距離の比較検討,あたらしい眼科,2015.
  • 大庭紀雄、松井康樹:視能訓練士育成と視能矯正学研究の現況, あたらしい眼科,2015.
  • 松井康樹:幹細胞を用いた再生医療の動向調査-間葉系幹細胞を中心に-, 岐阜大学大学院医学系研究科終修士論文, 2015
【学会発表】
  • 「VDT作業と紙面作業におけるフリッカー値の比較」松井康樹、牧田京子、高橋宏子、若林毅俊、枝川宏 1992.11 臨床眼科学会
  • 「新型深視力計の使用経験」渥美一成、牧野嘉文、牧田京子、松井康樹  1992.12 日本産業・労働・交通眼科学会
  • 「原著解題Hirschberg test」松井康樹  2008.11 日本視能訓練学会
  • 「岐阜県における視能訓練士雇用への意識調査」野原尚美、松井康樹、山本欽一、牧田京子、高橋宏子  2009.10 第50回日本視能矯正学会
  • 「3D映像注視時と2D映像注視時の脳活動の差異~近赤外分光法(NIRS)での検討~」松井康樹、小野弓絵、原直人 2011.10 日本自律神経学会総会 シンポジウム
  • 「3次元映像による脳活動への影響の研究~近赤外分光法(NIRS)による脳血流の測定~」松井康樹、野原尚美、山本欽一、小野弓絵、原直人 2011.11 日本神経眼科学会
  • 「携帯電話並びにスマートフォンの視距離と書籍における視距離の比較検討」野原尚美, 説田雅典, 松井康樹,野原貴裕, 原 直人 2012.11 第53回日本視能矯正学会
  • 「岐阜県版スマートサイト「岐阜うかいネット」の2年目の現状」棚橋公郎、松本健太郎、佐久間仁、犬塚裕子、浅野紀美江、牧田京子、堤鉄博、宇佐見潤、白潟仁、松井康樹、川瀬和秀、池谷尚剛、2015.11 第16回日本ロービジョン学会総会
  • 「「岐阜うかいネット」の3年目の課題」棚橋公郎、松本健太郎、佐久間仁、犬塚裕子、浅野紀美江、牧田京子、堤鉄博、宇佐見潤、白潟仁、松井康樹、川瀬和秀、池谷尚剛、2016.8 第17回日本ロービジョン学会総会
  • 「「岐阜県版スマートサイト岐阜うかいネット」の4年目の現状」棚橋公郎、松本健太郎、佐久間仁、犬塚裕子、浅野紀美江、牧田京子、堤鉄博、宇佐見潤、白潟仁、松井康樹、川瀬和秀、池谷尚剛 2017.5 第18回日本ロービジョン学会総会

学外での活動

【所属学会・団体】
全国視能訓練士学校協会 事務局、日本視能訓練士協会 受給委員会委員長、岐阜うかいネット、岐阜県視能訓練士会 事務局
  • 松田 育子Matsuda Ikuko准教授

    学位 修士(教育経営)名城大学
    専門分野 生理光学(基礎視能矯正学)

略歴

  • 1980年3月:大阪樟蔭女子大学 学芸学部児童学科 卒業
  • 1995年3月:国立大阪病院附属視能訓練学院 卒業
  • 1995年4月:視能訓練士免許取得
  • 1995年4月:大阪大学医学部附属病院眼科視能訓練士
  • 2000年4月:学校法人専門学校大阪医専教務部視能療法学科専任教員
  • 2001年4月:全日本空輸株式会社健康管理センター眼科視能訓練士(1年間併任)
  • 2001年4月:大阪大学医学部附属病院眼科ロービジョン外来視能訓練士(1年間併任)
  • 2011年4月:学校法人専門学校大阪医専教務部視能療法学科学科長
  • 2013年4月:平成医療専門学院視能訓練学科専任教員
  • 2014年4月:平成医療短期大学リハビリテーション学科視機能療法専攻講師
  • 2015年3月:名城大学大学院大学・学校づくり研究科修士課程修了
  • 2017年4月:平成医療短期大学リハビリテーション学科視機能療法専攻准教授を経て現職

メッセージ

『為(な)せば成(な)る 為(な)さねば成(な)らぬ何事も 成(な)らぬは人の為(な)さぬなりけり』
これは、江戸時代後期、米沢藩主の上杉鷹山が家臣に詠み与えた歌ですが、私が小学5~6年生の頃、毎朝担任の先生に促されて、クラス全員で大声をあげ唱えた言葉でもあります。どのような意味の言葉なのかは調べて頂くとして、『頑張って乗り越えなければならないとき』この言葉を唱えると、強い意志が芽生え、やるべきことが見えてきますよ。

担当講義・演習

生理光学Ⅰ、生理光学Ⅱ、生理光学演習Ⅰ、生理光学演習Ⅱ

講義・演習の方針

どこまで理解できて、どこが理解できなかったか。どこまで検査を実施できてどこが上手くできなかったか。以上のように自分の理解、自分の検査実践の出来具合を自分で評価できるようになるために、「ミニットペーパー」や「ポートフォリオ」を作成していただきます。 また、クラスの仲間との対話・議論を重視し、対話・議論を通して理解を深めていく『ディープ・アクティブラーニング』の教育手法を実践しています。

研究領域

両眼視機能(周辺融像と静的・動的立体視の関係)
高等教育(医療者教育)

研究について

現在は、良質で安全な医療現場を形成し維持していく上で重要な「医療コミュニケーション学」の研究を進めています。
主には、「医療コミュニケーション学」を視能訓練士教育にどのような形で取り入れ、展開すればよいのかということです。そのために新たな教育手法を開拓しています。

主要業績

【論文】
  • 松田育子 ;コ・メディカルスタッフ養成のための4年制大学における教育のあり方-視能訓練士養成を中心に-.名城大学大学院大学・学校づくり研究科修士論文,2015
  • 大庭紀雄、松田育子、大庭彩子;神経眼科の古典・原典.Stilling-Turk-Duane症候群.神経眼科第32巻:171-178,2015.
  • 松田育子 他;発達障害学生に対する組織的対応を可能にする具体的方策の研究-信州大学学生支援GP の事例-.名城大学大学院大学・学校づくり研究科紀要,2014
  • 松田育子 他;特集:老視に対する新しいアプローチ 調節検査の基本と実際.「あたらしい眼科」Vol.22 No.8,2005
  • 松田育子 他;融像の弱い症例における眼位の安定性-感覚性融像と眼位安定性の検討-.日本眼科紀要51:585-591,2000.
  • 阿曽沼早苗、松田育子 他;内斜視症例における融像が成立する視角と動的・静的立体視の関係について.日本視能訓練士協会誌第27巻,1999
  • 好川由利子、松田育子 他;文字対比感度視標による対比感度の評価.視覚の科学20:40-44,1999
  • 松田育子 他;New4灯テストによる抑制暗点の測定.眼科臨床医報第93巻第5号,1999.
  • Fujikado T, Matsuda I, et al. :A development of a new four-dot test to assess suppression scotoma without glasses. Advances in Strabismology:65-68
  • 松田育子 他;術前・術後の周辺融像について-4灯テストによる検討-.眼科臨床医報第92巻第6号,1998.
  • 阿曽沼早苗、松田育子 他;斜視症例における動きの立体視の検討.日本視能訓練士協会誌第26巻,1998
  • 松田育子 他;眼鏡なしの周辺部両眼視機能検査装置.眼科臨床医報第91巻第8号,1997.
  • 松田育子 他;眼位矯正と周辺融像-4灯テストによる検討-.日本視能訓練士協会誌第25巻,1997.
【学会発表】
  • 松田育子 他:ピア・インストラクション手法を使った視能訓練士教育の可能性,第59回日本視能矯正学会,2019.11.会
  • 野原尚美、松田育子 他:多職種連携教育による社会的スキルの向上,第59回日本視能矯正学会,2019.11.
  • 佐藤奈美、松田育子、大庭紀雄:日本視能訓練士協会誌、視能訓練士国家試験問題における eponym 使用の実態,第59回日本視能矯正学会,2019.11.
  • 松田育子 他:模擬患者参加型体験実習における教育効果の検討,第58回日本視能矯正学会,2017.11.
  • 松田育子 他;融像の弱い症例における眼位の安定性-感覚性融像と眼位安定性の検討-.日本弱視斜視学会,1999.
  • 松田育子 他;The relationship between motion stereopsis and peripheral fusion in patients with esotropia. 国際視能矯正学会,1999.
  • 松田育子 他;New4灯テストによる抑制暗点の測定.日本弱視斜視学会,1998.
  • 松田育子 他;術前・術後の周辺融像について-4灯テストによる検討-.日本弱視斜視学会,1997.
  • 松田育子 他;眼鏡なしの周辺部両眼視機能検査装置.日本弱視斜視学会,1996.
  • 松田育子 他;眼位矯正と周辺融像-4灯テストによる検討-.日本視能訓練学会,1996.

学外での活動

【所属学会・団体】
阪大眼科同窓会会員
日本視能訓練士協会会員