トップ > 特色ある教育

特色ある教育

看護学科

1.セメスター制
半期ごとで完結するセメスター制を導入することにより、学習する立場にある学生にとって短期間に集中して取り組めるようにしています。
2.理論と実践の有機的な連携
専門科目においては、講義と演習を組み合わせた科目を配置し、理論と実践の有機的な連携を図り、学生自らが主体的に考えて学習に取り組む能力と態度を養います。
3.関連法人施設との連携
近隣にあり、本学園の卒業生が多数勤務している関連法人施設と密接な連携を図ることにより、学生の精神的・経済的な不安を解消し、効果的な学習や実習を推進します。
4.オムニバス方式の授業
専門科目において、異なる専門分野の授業担当者がそれぞれの専門分野を教授し、互いに連携し合いながら、学習領域を専門的かつ網羅的に教授することを可能にしています。
5.双方向対話型教育支援システムの導入
学生が各座席のクリッカーで教員からの問題や質問に応答すると、その結果が教員のパソコンで即座に集計され、教員は学生の理解度に応じて授業を進めることができるシステムです。これにより、教員による一方通行の授業ではなく、学生が能動的に授業に参加し、理解促進、学習意欲の向上、自主学修増加へと結び付けていくことができます。

リハビリテーション学科理学療法専攻

1.系統的・複合的授業
講義だけでなく演習を取り入れた系統的・複合的な授業を行っています。学内の講義、演習を経て2・3年次の「臨床実習」が円滑に進むよう、理論と実践を組み合わせた教育を実践しています。
2.関連法人施設との連携
関連法人である平野総合病院、岐阜中央病院、介護老人保健施設岐阜リハビリテーションホームなどが隣接あるいは近隣に位置しており、地域医療・福祉の場面を日常的に間近で感じることができます。これらの施設とは実習施設として密接に連携しています。
3.オムニバス方式の授業
理学療法士と他職種の視点の違いが重要であると思われる科目、同一分野の中でも更に細分化した科目、これまでの実務において培った経験上重要である科目については、一つの授業科目を複数の教員が担当するオムニバス形式を取り入れています。
4.少人数教育
演習科目については、少人数グループを複数の教員で教授する共同形式を取り入れています。そうすることで、学生個々の学習到達度を的確に把握し、学生の疑問をその場で解決できる体制を整えています。
5.最新の教育手法「チュートリアルPBL」教育システムの導入
リハビリテーション学科は、このチュートリアル型のPBLを1年次から3年次まで系統的かつ継続的に取り入れた、日本における理学療法士教育では数少ない教育機関です。『“知識”だけでなく“学習方法”の習得効果のあるチュートリアル型PBLで学習し、卒業後も生涯にわたって学習する力、つまり“自分で学んでいく力”を育み、“本当に必要とされる理学療法士”を世に輩出したい』・・・それがリハビリテーション学科の願いです。
6.実務者による講義及び演習
必要に応じて、保健・医療の実務に携わっている専門家を招き、実践を学びます。現場の声を実際に聞くことで、学習意欲と知識の向上に努めます。
7.双方向対話型教育支援システムの導入
学生が各座席のクリッカーで教員からの問題や質問に応答すると、その結果が教員のパソコンで即座に集計され、教員は学生の理解度に応じて授業を進めることができるシステムです。これにより、教員による一方通行の授業ではなく、学生が能動的に授業に参加し、理解促進、学習意欲の向上、自主学修増加へと結び付けていくことができます。

リハビリテーション学科作業療法専攻

1.系統的・複合的授業
講義だけでなく演習を取り入れた系統的・複合的な授業を行っています。学内の講義、演習を経て2・3年次の「臨床実習」が円滑に進むよう、理論と実践を組み合わせた教育を実践しています。
2.関連法人施設との連携
関連法人である平野総合病院、岐阜中央病院、介護老人保健施設岐阜リハビリテーションホームなどが隣接あるいは近隣に位置しており、地域医療・福祉の場面を日常的に間近で感じることができます。これらの施設とは実習施設として密接に連携しています。
3.オムニバス方式の授業
同一科目内において、複数の教員が関わり授業を展開することにより、幅広い視点を学ぶ機会となります。主に演習科目にてオムニバス形式が導入されており、実践力を高めるための重要な授業になります。
4.全教員で全学生を
作業療法専攻の教員は、担任やゼミを超え、全ての教員で全ての学生に関わっていく姿勢が特徴です。この関係性が学生の個別の成長を促進させ、卒業後も親しく関われる要因です。
5.双方向対話型教育支援システムの導入
学生が各座席のクリッカーで教員からの問題や質問に応答すると、その結果が教員のパソコンで即座に集計され、教員は学生の理解度に応じて授業を進めることができるシステムです。これにより、教員による一方通行の授業ではなく、学生が能動的に授業に参加し、理解促進、学習意欲の向上、自主学修増加へと結び付けていくことができます。

リハビリテーション学科視機能療法専攻

1.系統的・複合的授業
講義だけでなく演習を取り入れた系統的・複合的な授業を行っています。学内の講義、演習を経て2・3年次の「臨床実習」が円滑に進むよう、理論と実践を組み合わせた教育を実践しています。
2.関連法人施設との連携
関連法人である平野総合病院、岐阜中央病院、介護老人保健施設岐阜リハビリテーションホームなどが隣接あるいは近隣に位置しており、地域医療・福祉の場面を日常的に間近で感じることができます。これらの施設とは実習施設として密接に連携しています。
3.少人数教育
演習科目については、少人数グループを複数の教員で教授する共同形式を取り入れています。そうすることで、学生個々の学習到達度を的確に把握し、学生の疑問をその場で解決できる体制を整えています。
4.豊富な臨地実習先
平成医療専門学院からの実績で、臨地実習先が充実しています。特に専門分野である斜視・弱視患者が多く来院する施設での実習を受けることができ、実践的な知識と技術を学ぶことができます。
5.双方向対話型教育支援システムの導入
学生が各座席のクリッカーで教員からの問題や質問に応答すると、その結果が教員のパソコンで即座に集計され、教員は学生の理解度に応じて授業を進めることができるシステムです。これにより、教員による一方通行の授業ではなく、学生が能動的に授業に参加し、理解促進、学習意欲の向上、自主学修増加へと結び付けていくことができます。

このページのトップへ戻る