トップ > お知らせ > 臨床の理学療法士にティーチングアシストとして参加して頂きました

授業にティーチングアシスタントとして、臨床の理学療法士に参加して頂きました
〜H30.7.23 解剖学演習 〜

今回は、前期解剖学演習にティーチングアシスタントとして臨床の理学療法士に入って頂く最後の講義で、超音波検査装置(エコー)を利用した触診講義を実施しました。

今までの講義で、皮膚の上から骨や筋を捉えることを学んだからこそ、前腕の深層筋と浅層筋をエコーで視覚的にみたとき、イメージの繋がりを感じることが出来ました。また、講義を通して幅広い層の理学療法士と接する機会を得たことで、学生にとっては臨床の場を少しでも身近に感じる有意義な機会となりました。


このページのトップへ戻る