トップ > お知らせ > 臨床の理学療法士にティーチングアシストとして参加して頂きました

授業にティーチングアシスタントとして、臨床の理学療法士に参加して頂きました
〜 H30.7.2 解剖学演習 〜

今回の講義は、前期解剖学演習の難関である前腕に入りました。

 ティーチングアシスタントの先生方には、学生が興味を持てるように、片麻痺患者さんへのボトックス注射を例に前腕の筋と臨床との関わりや、現場の理学療法士の病院内でのチームの関わりなどについてお話して頂きました。


このページのトップへ戻る