トップ > よくあるご質問

よくあるご質問

  • 高校では文系専攻だったけど、医療系でも大丈夫でしょうか?

    大丈夫です。医療系では「病気・疾病」「人体の仕組み」など初めて学ぶ科目が多く、高校での理系か文系かはとくに問題にはなりません。自分の適性を活かせる分野を見つけてください。医療を志す人には興味深い授業が多く楽しく学べることでしょう。

  • 医療系を目指したいのですが、勉強が難しそうで今ひとつ自信が持てない。

    医療の仕事は病気や障害を乗り越えようとする患者さんに寄り添いながら、励ましたり援助したりする要素が大きく、そのために必要な医学の知識を学びます。人を愛する気持ちがよりよい医療を提供するための勉強を支えてくれるでしょう。

  • 医療系の就職状況はどうなっていますか?

    医療系の人材養成機関は増えつつありますが現場ではまだまだ人材不足の状況です。一般企業では不況の影響を受け厳しい状況が続いていますが、医療系では卒業後はほぼ希望する分野の医療現場で活躍できるのではないでしょうか。

  • 県外在住ですが入学後の生活が不安。

    なんと言っても自宅通学が一番楽ですが、若い内に一人暮らしを経験するのも良いのではないでしょうか。本学の近隣には国立岐阜大学や岐阜市立岐阜薬科大学などがあり多くの学生向けのアパートがあります。また大型ショッピングセンターも多く、不便さは感じない生活環境です。また、実習が始まり、レポート書きで遅くまで学校に残ることも多く、アパートが便利だという人も多いようです。

  • 通学手段にはどんな方法がありますか?

    公共交通機関では岐阜駅からバスが出ています。学校へは最寄りのバス停から徒歩2分ととても便利です。また、学校には学生用の駐車場はありませんが、周辺には契約駐車場が多く自動車通学の人もいます。

  • 入試での小論文はどんなテーマですか?

    論文では医療系を目指した動機や、将来の夢や医療従事者としての在り方。又、自分が今日までに感動したこと、現在興味や関心のあることなどで、あなたの生活経験や考え方を述べてもらうのが主で特別に専門知識などを問うものではありません。

  • 国家試験に合格できなかったら夢は叶いませんか?

    医療の仕事は大きな責任を伴います。そのためにもしっかり勉強をして、国家試験に合格し自信を持って患者さんに接しなければいけません。平成医療ではしっかりとしたカリキュラムと徹底した指導体制で全員合格を目指します。しかし万が一不合格になっても次回の国試に向け卒業後であっても、あなたの夢の実現までサポートします。

  • 平成医療ってどんな雰囲気ですか?

    本学は岐阜の医療系教育機関としては歴史が古い専門学校を前身としており、学園全体では看護、理学療法、作業療法、視能訓練の4分野があります。また平野総合病院や介護施設などの関連医療機関が隣接し、実際の医療現場に近い環境で学ぶことができます。

  • 学生生活ではどんな行事がありますか?

    学生が中心となって取り組む行事ではスポーツ大会や、学園祭(平成祭)があります。

  • 学生食堂はありますか?

    短期大学A館1階に学生食堂があります。平成医療の学生さんだけでなく隣接病院職員や患者さんの利用もあり、臨床現場の雰囲気を感じることもあります。

  • 医療系の仕事もいろいろあるのでどの分野が自分に合うのか迷っています。

    臨床検査技師などは手順に従って科学的に結果を出せる仕事である一方、看護師や各種療法士、訓練士は患者さんと触れ合いながらの仕事と言えます。自分の適性を考えて楽しく働けて、生き甲斐を感じられる分野を見つけてください。

  • 医療系は実習なども多く勉強が大変だと聞いていますが、アルバイトとの両立は可能?

    文系の学校と比較すると大変かもわかりませんが、アルバイトをしている学生さんも多くいます。近隣の病院など、将来の職場でのアルバイトをしている人もおり、良い刺激になって学生生活のモチベーションも上がるのではないでしょうか。アルバイト先を精選して自立した学生生活を送ることも悪くないと思います。

  • 4年制大学と短大ではどこが違うのでしょうか?

    看護師や理学療法士の国家試験受験資格が得られる点ではどちらも同じです。ただ、4年制大学は学ぶ時間に余裕がありますから授業面では楽かもしれません。又、選択により助産師・保健師・養護教諭などの勉強が出来るところもあります。しかし経済的負担も大きくなることや、1年早く国家試験に合格し、いち早く医療の最前線に出て活躍できることは夢の実現への近道と言えるでしょう。

  • 医療系の学校は学費が高いと聞いているが?

    確かに学費だけで比べると文系より高いところが多いようです。しかし、金額だけで比較するのはどうでしょうか、学費以上の教育サービスが受けられれば、かえって割安とも考えられます。充実した教育環境で質の高い教育サービスが受けられるか、しっかりと比較する必要があるのではないでしょうか。

  • 奨学金制度はありますか?

    あります。特に看護学科では様々な奨学金制度があり、効率よく活用すれば保護者の方に負担をあまりかけることなく進学することが出来ます。本学には学校独自の奨学生制度があるほかに、関連病院でも奨学金制度を設けて医療職をめざす学生さんを支援しています。

  • 実習先はどのように決まるのでしょうか?自分で探さないといけない学校もあるようですが・・

    実際の医療の現場に触れるという点で、実習は最も重要で大切です。充実した施設と確かな指導者のもとで意義ある実習が出来るように、本学の関連医療機関は勿論、多くの医療機関とも長年の信頼関係により実習先として確保されています。このことは伝統校としての強みと言えるでしょう。


このページのトップへ戻る