トップ > 学科紹介 > リハビリテーション学科 理学療法専攻トップ

リハビリテーション学科 理学療法専攻

授業の様子

即応し得る実践力と高い資質を有する理学療法士を育成

今、医療や福祉の現場で求められているのは、医療における患者様や介護保険などのサービス利用者様に「人」として信頼される「人材」です。そのためには、豊富な知識を学ぶことができる学習に加えて、“自ら学ぶ力”を楽しい中にも真剣な活動を通して養っていく必要があります。本学科では、単なる「理学療法士の国家資格を得るための知識提供機関」ではなく、「社会に必要とされる“人材”としての理学療法士を育てる機関」を目指し、様々な工夫を施しています。

リハビリテーション学科 理学療法専攻の目指すもの

急速に進展する少子高齢化社会及び多様化する保健・医療・福祉体制に即応し得る実践力をもち、高い資質を有する理学療法士の育成を目指します。

リハビリテーション学科 理学療法専攻で育成する具体的な人物像

ポイント1
理学療法学への熱意や旺盛な研究心を備えた人材
超急性期からのリハビリ対応や、在院日数の短縮化による地域リハビリテーションへの移行に伴う住環境の整備、社会福祉資源の活用等による幅広い知識や生涯にわたる専門的知識・技術の修得を目指す人材の育成。
ポイント2
高いコミュニケーション能力と倫理観を備えた人材
患者様とその家族、医療従事者が発する言葉の意味や思いを互いの共感・共有を通して理解し合い、効果的なリハビリができるようにするための高いコミュニケーション能力と倫理観を有する人材の育成。
ポイント3
チーム医療の一員としての自覚を備えた人材
患者様のために組織された医療チームにおける理学療法士の重要性を認識し、医師、看護師等の医療従事者のみならず、社会福祉関係者との連携を積極的に推進する人材の育成。

このページのトップへ戻る