トップ > 学科紹介 > リハビリテーション学科 視機能療法専攻トップ > 担当教員

リハビリテーション学科 視機能療法専攻

担当教員


氏名
松井 康樹
職位・職名
教授 専攻長
学位
修士(再生医科学)岐阜大学 大学院 医学系研究科 組織器官形成分野 再生医科学専攻
学士(社会福祉学)佛教大学通信教育社会福祉学部社会福祉学科卒業
担当科目
解剖学U、視覚生理学T・U、視機能障害学T・U、視機能検査学、画像診断学、視覚生理学演習U、視機能検査学演習T・V・W、視機能訓練学演習、基礎視機能矯正学特論
専門分野
視覚生理学、神経眼科学、視能矯正学、再生医科学、脳機能
研究課題
  • 原直人、松井康樹 他:受動式乗員保護装置であるエアバック作動後に生じた眼外傷の1例, 臨床眼科,1993.
  • 松井康樹 他:VDT作業と紙面作業におけるフリッカー値の比較.臨床眼科, 1994.
  • 枝川宏、松井康樹 他:スポーツ選手における視力と競技能力, 日本コンタクトレンズ学会誌,1995.
  • 枝川宏、松井康樹 他:スポーツ選手の視力と競技力の関係, 臨床スポーツ医学,1996.
  • 池谷尚剛、松井康樹 他:岐阜県における視覚障害関係機関ネットワーク活動の現状と課題, 岐阜大学教育学部研究報告 人文科学,2003.
  • 松井康樹 他:Hirschberg testとその歴史的考察.日本視能訓練士協会誌, 2009
  • 松井康樹 他:電子瞳孔計を用いた瞳孔径測定.平成医療専門学院 紀要, 2009
  • 松井康樹 他:映像による視覚機能への影響と脳活動―3D映像の脳神経活動への影響の検討―, 神経眼科,2010.
  • 松井康樹 他:色相の違いによる瞳孔径の変化.平成医療専門学院 紀要, 2010.
  • 松井康樹 他:3D映像注視時と2D映像注視時の脳活動の差異〜近赤外分光法(NIRS)での検討〜.自律神経学会誌, 2011.
  • 大庭紀雄、松井康樹::眼科学雑誌のインパクトファクターと新しい雑誌評価指標, 日本眼科学,2013.
  • 大庭紀雄、松井康樹::光感受性網膜神経節細胞:再訪, 日本眼科学会,2013.
  • 近藤直実、松井康樹 他:これからの小児医療, 岐阜県小児科医会報, 2013
  • 野原尚美、松井康樹 他:携帯電話・スマートフォン使用時および書籍読書時における視距離の比較検討,あたらしい眼科,2015.
  • 大庭紀雄、松井康樹::視能訓練士育成と視能矯正学研究の現況, あたらしい眼科,2015.
  • 松井康樹:幹細胞を用いた再生医療の動向調査−間葉系幹細胞を中心に−, 岐阜大学大学院医学系研究科終修士論文, 2015
所属学会
日本視能矯正学会、日本神経眼科学会
メッセージ
卒業そして国家試験合格の後、即戦力で働くことができよるよう、そして、素敵な視能訓練士になれるよう頑張ってください。
その他
全国視能訓練士学校協会 事務局、日本視能訓練士協会 受給委員会委員長、うかいネット、岐阜県視能訓練士会 事務局

このページのトップへ戻る


氏名
野原 尚美
職位・職名
教授
学位
修士(教育学)岐阜大学大学院教育学研究科心理発達支援専攻
学士(工学) 岐阜大学工学部応用精密化学科
担当科目
基礎視機能矯正学U(眼位、両眼視)、視機能検査学T(眼科一般検査)、視機能検査学U(眼位検査)、視機能検査学V(両眼視機能検査)、視機能訓練学T(基礎)、視覚生理学演習U(電気生理)、視機能検査学演習T、視機能検査学演習U、視機能検査学演習V、視機能検査学演習W、視機能訓練学演習、視機能障害学特論
専門分野
視能矯正学(斜視・弱視)
研究課題
<主な論文>
  • 大庭紀雄、佐藤奈美、野原尚美;神経眼科の古典・原典.Kearns-Sayre 症候群,神経眼科,2016.
  • 野原尚美;小中学生におけるタブレット端末使用時の視機能への影響に関する研究.岐阜大学大学院教育学研究科修士論文,2016.
  • 野原尚美他;携帯電話・スマートフォン使用時および書籍読書時における視距離の比較検討,あたらしい眼科,2015.
  • 大庭 紀雄、野原 尚美、宮本安住巳;弱視の病態生理に関する最近の知見,あたらしい眼科,2015.
  • 大庭紀雄、大庭 彩子、野原尚美;経眼科学の古典・原典:レーベル病,神経眼科,2014.
  • 大庭紀雄、中尾 久美子、大庭 彩子、野原 尚美、山本 欽一;視覚科学研究の歩み:最近30年の発表論文の計量書誌学的検討,視覚の科学,2013.
  • 野原尚美他;角膜厚を考慮した非接触式眼圧計キャノンTX-20の使用経験,平成医療短期大学紀要,2012.
  • 野原尚美他;輻輳不全型間歇性外斜視における輻湊及び融像増強訓練の効果,平成医療短期大学紀要,2011.
  • 野原尚美他;岐阜県における視能訓練士雇用への意識調査-岐阜県眼科医会会員へのアンケート結果-,日本視能訓練士協会誌,2010.
  • 池谷尚剛、野原尚美他;岐阜県における視覚障害関係機関ネットワーク活動の現状と課題〜岐阜視覚障害研究会の活動からみた特別支援教育ネットワークの形成〜,岐阜大学教育学部研究報告,人文科学,2003.
  • 吉富健志、長江尚美(旧姓)他;瞳孔視野計 (Pupil Perimetry) による緑内障視野計測の試み,あたらしい眼科,1995.
  • 長江尚美(旧姓)他;STATIC THRESHOLD ACROSS THE VISUAL FIELD IN AMBLYOPES,TRANSACTIONS OF THE [th INTERNATIONAL ORTHOPIC CONGRESS, 1995.
<主な学会発表>
  • 野原尚美他;多職種連携教育と教育効果の検討, 第58回日本視能矯正学会, 2017.
  • 野原尚美他;小中学生におけるタブレット端末使用授業時の視距離の検討, 第57回日本視能矯正学会, 2016.
  • 野原尚美他;携帯電話並びにスマートフォンの視距離と書籍における視距離の比較検討, 第53回日本視能矯正学会, 2012.
  • 野原尚美他;岐阜県における視能訓練士雇用への意識調査-岐阜県眼科医会会員へのアンケート結果-,第50回日本視能矯正学会,2009.
  • 長江尚美(旧姓)他;STATIC THRESHOLD ACROSS THE VISUAL FIELD IN AMBLYOPES, 第8回国際視能矯正学会, 1995.
  • 長江尚美(旧姓)他;不同視弱視における網膜感度, 第35回日本視能矯正学会, 1994.
所属学会
日本視能矯正学会
メッセージ
視能訓練士の魅力を伝えながら、この学校で学んで良かったと思ってもらえるような指導をしていきたいと思います。3年間で知識はもちろん、検査技術、そして最も大切な社会人としてのマナーも身につけ、全員で国家試験に合格出来るよう、一緒に精一杯頑張りましょう!!
その他
<職歴>
・北里大学病院 眼科
・平成医療専門学院 視能訓練学科
・恩田眼科(非常勤)
・いちえん眼科(非常勤)
・ほり眼科(非常勤)
・大垣市民病院(非常勤)
<その他取得資格>
・2015年6月 日本視能訓練士専任教員認定更新(2015年度〜2019年度)
・2010年6月 日本視能訓練士専任教員認定更新(2010年度〜2014年度)
・2005年6月 日本視能訓練士専任教員認定(2005年度〜2009年度)

このページのトップへ戻る


氏名
松田 育子
職位・職名
准教授
学位
修士(教育経営)名城大学大学院 大学・学校づくり研究科修士課程
学士(児童学)大阪樟蔭女子大学学芸学部児童学科
担当科目
生理光学T、生理光学U、生理光学V、基礎視能矯正学特論U(生理光学)、生理光学演習T、生理光学演習U、視機能検査学演習T、視機能検査学演習U、視機能検査学演習V(眼運動系検査)、視機能訓練学演習
専門分野
視能矯正学(生理光学)、医療コミュニケーション学
研究課題
<主な論文>
  • 松田育子 他;眼位矯正と周辺融像−4灯テストによる検討−.日本視能訓練士協会誌第25巻,1997.
  • 松田育子 他;眼鏡なしの周辺部両眼視機能検査装置.眼科臨床医報第91巻第8号,1997.
  • 阿曽沼早苗、松田育子 他;斜視症例における動きの立体視の検討.日本視能訓練士協会誌第26巻,1998.
  • 松田育子 他;術前・術後の周辺融像について−4灯テストによる検討−.眼科臨床医報第92巻第6号,1998.
  • Fujikado T, Matsuda I, et al.:A development of a new four-dot test to assess suppression scotoma without glasses.Advances in Strabismology:65-68
  • 松田育子 他;New4灯テストによる抑制暗点の測定.眼科臨床医報第93巻第5号,1999.
  • 好川由利子、松田育子 他;文字対比感度視標による対比感度の評価.視覚の科学20:40-44,1999
  • 阿曽沼早苗、松田育子 他;内斜視症例における融像が成立する視角と動的・静的立体視の関係について.日本視能訓練士協会誌第27巻,1999
  • 松田育子 他;融像の弱い症例における眼位の安定性−感覚性融像と眼位安定性の検討−.日本眼科紀要51:585-591,2000.
  • 松田育子 他;特集:老視に対する新しいアプローチ 調節検査の基本と実際.「あたらしい眼科」Vol.22 No.8,2005
  • 松田育子 他;発達障害学生に対する組織的対応を可能にする具体的方策の研究−信州大学学生支援GP の事例−.名城大学大学院大学・学校づくり研究科紀要,2014
  • 松田育子 ;コ・メディカルスタッフ養成のための4年制大学における教育のあり方−視能訓練士養成を中心に−.名城大学大学院大学・学校づくり研究科修士論文,2015
<主な学会発表>
  • 松田育子 他;眼位矯正と周辺融像−4灯テストによる検討−.日本視能矯正学会,1996.
  • 松田育子 他;眼鏡なしの周辺部両眼視機能検査装置.日本弱視斜視学会,1996.
  • 松田育子 他;術前・術後の周辺融像について−4灯テストによる検討−.日本弱視斜視学会,1997.
  • 松田育子 他;New4灯テストによる抑制暗点の測定.日本弱視斜視学会,1998.
  • 松田育子 他;The relationship between motion stereopsis and peripheral fusion in patients with esotropia.国際視能矯正学会,1999.
  • 松田育子 他;融像の弱い症例における眼位の安定性−感覚性融像と眼位安定性の検討−.日本弱視斜視学会,1999.
  • 松田育子 他;模擬患者参加型体験実習における教育効果の検討.日本視能矯正学会,2017
所属学会
日本視能訓練士協会
メッセージ
いろんな視力検査法がありますが、「視力とは何ぞや!?」というのが私のテーマです。一緒に勉強いたしましょう。
その他
<主な職歴>
幼稚園教諭(幼稚園教諭一種免許状)
国際協力事業団(JICA 現 国際協力機構)医療協力部 他
大阪大学医学部附属病院 眼科
全日本空輸株式会社健康管理センター 眼科
学校法人専門学校大阪医専 教務部視能療法学科長
平成医療専門学院 視能訓練学科
<連絡先>
i.matsuda@heisei-iryou.ac.jp
<趣味>
英国式・ドイツ式フラワーアレンジメント。紅茶文化に触れること。自然観察アドバイザーの資格は持っていますが、ほとんど仲間や家族で楽しんでいます。

このページのトップへ戻る


氏名
丹沢 慶一
職位・職名
講師
学位
博士 ( 感覚矯正学 ) 川崎医療福祉大学 2013/03/14
修士 ( 感覚矯正学 ) 川崎医療福祉大学 2009/03/14
学士 ( 感覚矯正学 ) 川崎医療福祉大学 2007/03/14
担当科目
視機能検査学T、視機能訓練学U
専門分野
視能学・神経眼科学 ( 対光反射・近見反応 )
研究課題
【 論文 】
  • 丹沢慶一, 岡真由美, 西田茉有李: 健常成人における各視野象限で誘発される対光反射の検討.日本神経眼科学会雑誌 35, 41-47.
  • 田淵昭雄,田内雅規,山下力,小林泰子,丹沢慶一,藤原篤史,前田史篤,奥村俊通: バリアフリー 倉敷芸文館の試み.眼科臨床紀要 7, 585-591.
  • 丹沢慶一: 色光刺激を用いた瞳孔視野測定による緑内障性視覚障害の検出.川崎医療福祉大学 大学院 医療技術学研究科 感覚矯正学専攻博士論文.
  • 前田史篤, 荒木俊介, 切石中実奈, 丹沢慶一, 田淵昭雄: ヒトメラノプシン含有網膜神経節細胞の作用による対光反射の変化.自律神経 49, 153-154.
  • 丹沢慶一: 瞳孔視野の色特性 背景よりも低輝度の刺激に起因する瞳孔反射.川崎医療福祉大学 大学院 医療技術学研究科 感覚矯正学専攻修士論文.
  • Maeda F, Tanzawa K, Fukushima S, Inakagata S, Kani K, Tabuchi A: A pupil perimeter for objective visual field mesurement.2007 IEEE/ICME international conference on complex medical engineering, 1122-1125.
【 研究発表 】
  • 丹沢慶一, 岡真由美, 西田茉有李: 瞳孔視野測定における各象限間の対光反射の量の差異.第57回日本視能矯正学会, 2016.
  • 丹沢慶一, 田淵昭雄, 星最智, 日野智之, 富田久美子: 高齢者における短波長光刺激を用いた瞳孔視野測定による緑内障眼の検出.第51回日本神経眼科学会総会, 2013.
  • 丹沢慶一: 瞳孔反射を用いた視機能検査.中四国視能訓練士会 第20回研究会, 2013.
  • Tanzawa K, Maeda F, Fukuoka H, Kani K, Tabuchi A: Detection of Different Stages of Glaucomatous Visual Field Defects by Using Pupil Perimetry Employing Color Light Stimuli.Asia-ARVO, 2013.
  • Tanzawa K, Maeda F, Takizawa G, Oka M, Kani K, Tabuchi A: Evaluation of the influenced of age on the pupil reflex by using pupil perimetry with blue and yellow stimulation.The 29th Pupil Colloquim, 2011.
  • Tanzawa K, Maeda F, Takizawa G, Kiyokawa Y, Hashimoto Y, Yoneda T, Oka M, Kani K, Tabuchi A: Evaluating pupil light reflexes with three color stimuli of different of sizes and intensities under the same energy at each eccentricity of the visual field.The 19th Meeting of Imaging and Perimetry society, 2010.
  • 丹沢慶一, 前田史篤, 瀧澤剛, 橋本勇希, 可児一孝, 田淵昭雄: 背景輝度よりも低輝度の色刺激に起因した瞳孔反射.第47回日本神経眼科学会総会, 2008.
  • Tanzawa K, Maeda F, Takizawa G, Hashimoto Y, Kani K, Tabuchi A: Characteristics of light reflexes caused by colored stimuli.The 17th International Neuro-Opthalmology Society, 2008.
  • Tanzawa K, Maeda F, Takizawa G, Hashimoyo Y, Kani K, Tabuchi A: Evaluating pupil light reflexes with color stimuli.The 18th International perimetry, 2008.
  • Tanzawa K, Maeda F, Kani K, Tabuchi A: Characteristics of a light reflex caused by color stimulation.The 27th Pupil Colloquim, 2007.
所属学会
日本視能訓練士協会 2007-現在
日本神経眼科学会 2008-現在
日本眼科学会 2010-現在
日本斜視弱視学会 2018-現在
メッセージ
探求(究)心を持って何事にも望めば,自ずと知識は増え,みえる世界は広がっていくと思います。皆さんを視能訓練士にすることは素より,本学で過ごす一日一日を価値あるものにするために精進いたします.
その他
【 職歴 】
川崎医療福祉大学 医療技術学部 感覚矯正学科 助教 2013/04-2017/03
川崎医科大学附属病院 眼科 視能訓練士 2013/04-2017/03
川崎医科大学総合医療センター 眼科 視能訓練士 2017/04-2018/03
平成医療短期大学 リハビリテーション学部 講師 2018/04-現在

このページのトップへ戻る


氏名
田中 健司
職位・職名
助教
学位
修士(医療・福祉マネジメント学)日本福祉大学大学院医療・福祉マネジメント研究科
学士(経済学)立命館大学経済学部経済学科
担当科目
視器の解剖と生理学T・U、視機能検査学T、基礎視能矯正学T、視覚生理学演習T・U、生理光学演習T・U、視機能検査学演習V、画像診断学、視機能訓練学演習、視機能訓練学W
専門分野
視能矯正学、緑内障、視野、光干渉断層計、quality of life、ソーシャル・サポート
研究課題
<主な論文>
  • 田中健司:緑内障患者におけるQOLとソーシャル・サポートの関連.日本福祉大学大学院医療・福祉マネジメント研究科修士論文,2016.
  • Iwase, A; Sawaguchi, S; Sakai, H; Tanaka, K; Tsutsumi, T; Araie, M:Optic disc, rim and peripapillary chorioretinal atrophy in normal Japanese eyes: the Kumejima Study.Jpn.J.Ophthalmol., 2017.
  • Iwase, A; Sekine, A; Suehiro, J; Tanaka, K; Kawasaki, Y; Kawasaki, R; Sinai, MJ; Araie, M:A New Method of Magnification Correction for Accurately Measuring Retinal Vessel Calibers From Fundus Photographs.Invest.Ophthalmol.Vis.Sci., 2017 vol.58(3) pp.1858-1864.
<主な学会発表>
  • 田中健司,末廣淳,山田勝啓,水野恵,今井美紗,柘植美香,岩瀬愛子,川崎有美子,川崎良,新家眞:トプコン眼底カメラ用網膜血管径計測ソフトの開発.第25回日本緑内障学会,2014.
  • 田中健司,水野恵,柘植美香,今井美紗,岩瀬愛子:正常眼におけるエスターマン両眼視野の評価.第26回日本緑内障学会,2015.
  • 田中健司,岩瀬愛子,水野恵,柘植美香,今井美紗,宇田川さち子,柏倉秀克:緑内障患者における心理状態の評価.第27回日本緑内障学会,2016.
  • 田中健司,岩瀬愛子,柏倉秀克:わが国における緑内障患者のQOL 評価研究の現状と課題,第58回日本視能矯正学会,2017.
<著書>
  • 眼科ケア13巻9号「3DOCT-2000」,2011.
  • 眼科ケア20巻6号「特集 眼科検査力アップ10講座 静的視野検査」,2018.
<受賞歴>
  • 第26回日本緑内障学会学術集会 学術展示優秀賞
  • 第27回日本緑内障学会学術集会 優秀ポスター賞
所属学会
日本視能訓練士協会(日本視能矯正学会)、日本眼科学会、日本緑内障学会、日本視野学会
メッセージ
視能訓練士になるための知識や技術を習得することはもちろん、患者さんの日常生活や心理面への影響を考えて、検査や訓練ができるような視能訓練士を育てたいと思っています。
その他
<社会活動>
第24回日本緑内障学会教育講演講師,2013.
第2回岐阜県視能訓練士会勉強会講師,2016.
第13回東海視能訓練士研究会講師,2016.
第17回三河視能訓練士勉強会講師,2017.
第28回日本緑内障学会ロービジョンプログラム指導員,2017.
第29回日本緑内障学会ロービジョンプログラム講師(予定),2018.
世界緑内障週間関連事業無料検診に毎年参加
<職歴>
多治見市民病院
たじみ岩瀬眼科
<資格>
ファッションコーディネート色彩能力検定2級

このページのトップへ戻る


氏名
佐藤 奈美
職位・職名
助教
担当科目
視機能検査学演習T(眼科一般検査)、視覚生理光学演習T(視野検査他)、生理光学演習T(屈折検査)、生理光学演習U(屈折矯正)、視機能検査学演習T(眼科一般検査)、視機能検査学演習U(両眼視機能検査)、視機能検査学演習V(眼位検査)、視機能訓練学V(視機能訓練学,弱視)、視機能訓学演習
専門分野
視能矯正学
研究課題
  • 大庭紀雄,佐藤奈美,野原尚美:神経眼科の古典・原典:Kearns-Sayre症候群,神経眼科第34巻第1号,65-72,2017.3.
  • 大庭紀雄,大庭彩子,佐藤奈美:神経眼科の古典・原典:Riddoch現象と盲視, 神経眼科第34巻第2号, 203-214,2017.6.
  • 大庭紀雄,大庭彩子,佐藤奈美:神経眼科の古典・原典:第一次視覚野の網膜部位対応地図,Tatsuji Inouye(1909),Gordon Holmes(1916) , 神経眼科第34巻第3号,361-373,2017.9.
  • 大庭紀雄,佐藤奈美:神経眼科の古典・原典:Argyll Robertson瞳孔,Adie症候群,神経眼科第34巻第4号, 472-481,2017.12.
  • 大庭紀雄,佐藤奈美,野原尚美;神経眼科の古典・原典:Kearns-Sayre症候群 2017
  • 大庭紀雄,佐藤奈美,大庭彩子;神経眼科の古典・原典:多発性硬化症の神経眼科 2016
  • 大庭紀雄,山本欽一,佐藤奈美;神経眼科の古典・原典:麻痺性斜視の手術.外眼筋結合術 2016
  • 大庭紀雄,山本欽一,佐藤奈美;神経眼科学の発展に寄与した原著論文および専門書籍のレガシー調査研究 2016
  • 大庭紀雄,佐藤 奈美:神経眼科および関連領域における eponym 解題,第55回日本神経眼科学会,2017.11.
  • 佐藤奈美,野原尚美,松田育子,大庭紀雄:視能矯正学と関連領域の eponym 解題,第58回日本視能矯正学会,2017.10.
  • 山本欽一,佐藤奈美;平成医療短期大学における学習到達度測定の試み 2016
  • 佐藤奈美,山本欽一,大庭紀雄;斜視および弱視領域における過去115年間の国際誌原著論文の計量書誌学的調査研究 2016
所属学会
日本視能訓練士協会;需給委員会委員,基礎教育プログラムU修了
全国視能訓練士学校協会;事務局,第7回教員研究会修了
メッセージ
勉強は毎日コツコツと、実技はたくさん練習を重ねること、をまじめに努力することが必要です。また、日々の生活からコミュニケーション能力を上げていけるよう意識することも大切です。一人で頑張らず、同じ目的を持っている仲間と支え合って、信頼される視能訓練士、愛される視能訓練士になれるよう一緒に頑張りましょう。
その他
<職歴>
市立島田市民病院 眼科・視能訓練室
平成医療専門学院 視能訓練学科
岐北厚生病院 眼科
<職歴!?>
子育て(3人の母業 奮闘中。)

このページのトップへ戻る



このページのトップへ戻る