トップ > 学科紹介 > 看護学科トップ

看護学科

看護学科長

あいさつ

高齢社会の到来、医療の高度化、多様化する価値観の中、看護は社会からとても必要とされています。また、臨床の場では他職種の専門家と連携して医療を行うことが求められています。本学には、看護学科とリハビリテーション学科があります。ここでは、看護師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士を目指して、それぞれの学生が互いに学び合っています。

看護師は、人の心に寄り添い、常に患者の立場に立ち、患者を支えることが求められる存在です。人の生命にかかわる仕事ですので専門的知識や技術を必要とする厳しい仕事でもあります。しかし、関わった患者様がよくなって退院されたり、「あなたのおかげで楽になった。」という言葉をいただいたりすると、とても幸せな気持ちになり、やりがいを感じることができます。

看護学科では、看護師として必要とされる専門的な知識や技術はもちろんのこと、生命の尊厳を基盤にした倫理観や人に対する優しさや厳しさ、いわゆる豊かな人間性が学べるようにカリキュラムなど工夫しています。

一人ひとりの患者様を大切に考え、関わることのできる看護師に育って欲しいと願い、私たち教員は、入学された一人ひとりの学生さんを大切にサポートしていきます。

さあ、看護の素晴らしさややりがいを一緒に学んでいきましょう。

小さい頃から、将来はやさしい看護師さんになりたいと思っていた

看護学科の目指すもの

高齢化社会の到来、医療の高度化、そして多様化する価値観など、医療現場を取り巻く環境は激しく変化しています。本学では、一人一人の患者様を大切に考えて常に患者様の心に寄り添いながら、最善の看護を提供するためには専門的な知識や技術だけでなく、心の温かい豊かな人間性を養うことも大切に考えています。そのため、幅広い教養や創造力、そして優れたコミュニケーション能力も身に付けます。

看護学科で育成する具体的な人物像

ポイント1
豊かな人格と教養の高い人材、向上心と探究心をもった人材

深い人間愛に基づき人間を尊重し、専門職としての高い倫理観を備え、様々な価値観をもつ患者様やご家族等また協働する他の職種との人間関係を良好に維持し得るコミュニケーション能力の育成。
ポイント2
主体性と思考力をもった人材

看護学及び医学の専門的知識・技術を修得し、多様化する看護ニーズに対応できるクリティカルシンキングの力を養い、健康全般に対する問題解決能力や看護実践能力を主体的に身に付けた人材の育成。
ポイント3
地域社会に貢献できる人材

現在の医療は、予防医学、未病医学、機能回復、在宅ケア、ターミナルケア等様々な移行ゾーンあるいは人々の健康支援が求められており、他の職種と協力しながら、ホリスティックな視点をもち、コミュニケーション能力と倫理観を兼ね備え、地域社会に貢献し得る看護師の育成。

このページのトップへ戻る